レビュー
» 2016年06月07日 19時30分 公開

鮮やか・くっきり・麗しい――「Galaxy S7 edge」のカメラをあれこれ試す荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ(3/5 ページ)

[荻窪圭,ITmedia]

料理でチェック

 スマホカメラに料理は欠かせない。というわけで、暗い店内でとろろそば、明るめの店内でポークソテー&アジフライ(なんか謎の組み合わせだけど、謎な店なのでそれでいいのだ)の2点をそれぞれ撮り比べ。

 料理写真って一口にいうけれど、店内の照明環境で写りは全然変わるのでなかなか難しいのである。

 まずはとろろそばから。あまりフォトジェニックじゃない自然薯(じねんじょ)を使ったとろろそばをどう撮るか。

Galaxy S7 edgeで撮影したとろろそば Galaxy S7 edgeで撮影したとろろそば
iPhone 6s Plusで撮影したとろろそば iPhone 6s Plusで撮影したとろろそば

 どうもS7 edgeよりもiPhone 6s Plusの方が手ブレ補正が強力なようだ。シャッタースピードが遅いiPhone 6s Plusの方がブレが少なかった。色は、6s Plusの方が見た印象に近かった。

 次はポークソテー&アジフライの皿を撮り比べ。

Galaxy S7 edgeで撮影したポークソテー&アジフライ Galaxy S7 edgeで撮影したポークソテー&アジフライ
iPhone 6s Plusで撮影したポークソテー&アジフライ iPhone 6s Plusで撮影したポークソテー&アジフライ

 色はどちらも悪くないけれど、6s Plusの方が色がしっかり出ていて肉眼での印象に近い感がある。皿の色を見るとわかるけど、S7 Edgeはホワイトバランスを合わせすぎたのかもしれない。

 ではここでS7 edgeの「食事モード」で撮り直してみよう。Galaxy S7 edgeはさまざまな撮影モードを持っているのだが、独立した「食事モード」っていうものがあるのだ。

「食事モード」の撮影画面 「食事モード」の撮影画面。ポイントを指定するとそこを強調してくれるらしい
Galaxy S7 edge(料理モード)で撮影したポークソテー&アジフライ Galaxy S7 edge(料理モード)で撮影したポークソテー&アジフライ

 オートで撮ったものとはえらい違い。背景のボケが大きくなり、全体に彩度が上がって色のノリが良くなったのであった。

夜景でチェック

 撮り比べの最後は夜景。JR新橋駅前のライトアップされたSLを被写体に。

Galaxy S7 edgeで撮影した夜景 Galaxy S7 edgeで撮影した夜景
iPhone 6s Plusで撮影した夜景 iPhone 6s Plusで撮影した夜景

 スペック的にはS7 edgeの方が暗いシーンに強いのだが、ある程度までの暗さであれば、「ギリギリまでISO感度を上げずにシャッタースピードを落として対処する」ため、6s Plusでも結果としてけっこうきれいに写る。

 つまるところ、Galaxy S7 edgeのカメラ性能は、スマホとしては業界トップといって過言じゃないということだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー