連載
» 2017年02月15日 06時00分 公開

アニメを見ない私が「美味しんぼ」を見たときの衝撃 (2/2)

[おしり元気,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 あゆ漁師への気遣いからでしょうか。また、この回では唐突に釣りバカ日誌のキャラクターが登場しました。一体なぜ? 原作でもそうなんですか?

 アニメらしく、作画崩壊回(アニメ29話『にんにくパワー』)や、水着回(アニメ32話『技巧の極地』)もありました。水着といっても、山岡の水着ですが……。

 背景が丁寧なので、ちょっと昔の日本の風景が見られるのも魅力的です。営団地下鉄のロゴを見つけたときは、懐かしくなりました。会社にPCが無い、デスクで煙草を吸うというのも時代を感じさせます。

 そういえば、栗田さんはどうやら山岡に恋しているみたいですね。Amazonプライムビデオで配信分のアニメでは、今のところ恋愛描写はゼロです。

 でも、オープニングとエンディングの曲でその切ない恋心を示しています。特に「DangDang気になる」という曲がムーディーで、切なくて、泣けてくるのです。

 栗田さん、山岡みたいなグルメクレイジーと付き合わないでくれ!! という気持ちも大きいのですが……。この後2人の関係はどうなっていくのでしょう。まさか結婚したりしないですよね。山岡は絶対に結婚相手にしてはいけないタイプなので、それだけは避けてほしい……!

栗田さん 1話の中でも日付が変われば必ず着替えるので、楽しいです

美味しんぼが教えてくれたこと

 Amazonプライムビデオは、PCやスマホはもちろん、ChromecastやFire TV stickを使えばテレビからも再生できるので、いつも夕飯を食べながら美味しんぼを見ていました。

 本当に「マジか……」の連続なので、家族とあれこれツッコミを入れたり、「いけ〜!山岡〜!」なんて声をかけたりしながら見るのが楽しいのです。そこではっとしました。応援上映って、こういうこと……!? 美味しんぼにハマったことで、憧れの世界への扉が開いた気がしました。

 さらに、初めて見た美味しんぼからは、とても大切なことを学びました。新聞社はほぼ働かなくてもいいということです。社内での山岡は、いびきをかきながら寝ているか、競馬をしているかのどちらかです。

 でも、クビにはなりません。たまに仕事をしたかと思えば、「鋼鉄の馬にしがみついた弱虫たち」という見出しでバイク乗りを批判する記事を書いたり、取材先の社長を怒らせ、広告を差し止められて大損害を出したりします。でも、クビにはなりません。転職するなら新聞社一択です。勉強になりますね。

 原作の現在の様子は、ちょっと大変らしいといううわさを聞きましたが、一体どうなっているのでしょうか。

 今も、アニメの美味しんぼを繰り返し見ながら、原作を読むべきか悩んでいます。アニメだけ見ているのが幸せなんでしょうか。ああ、でも、士郎と雄山は、そして士郎と栗田さんの関係は、この後一体どうなるんだ……!

山岡 山岡を書く練習をしたら、「黒目をどこかに寄せないと山岡にならない」という発見がありました
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう