データ端末は"据え置き型”が好調で市況回復へ BCN調査

» 2018年03月09日 19時04分 公開

 BCNは、3月8日にデータ通信端末市場の調査結果を発表。本調査は家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」をもとにしている。

 データ通信端末市場はスマートフォンの普及とテザリングの認知拡大により、2015年〜2016年にかけて縮小傾向にあった。2015年2月の販売量を「100.0」とした台数指数で見ると、2016年11月の指数は「49.6」とほぼ半分の規模になっていたが、2017年には一転して市況が回復。2018年初頭まで100前後で指数が推移し、総じて堅調な数値となっている。

Photo

 どのような製品が回復に貢献しているか調べたところ、2017年1月から据え置き型の比率が徐々に高まり、ここ数カ月はほぼ半数を占めるまでに拡大。2016年は外付け(モバイルWi-Fiルーター)がほぼ100%を占めていたが、据え置き型の台頭が市況回復を支えていることが判明した。

Photo

 据え置き型は2016年12月にソフトバンクが発売した「Airターミナル3」、2017年2月に発売したHuaweiの「Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)」などが発売。これらの製品は、工事不要で手軽にインターネット回線を敷設できることから人気を集めている、とBCNはみている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月18日 更新
  1. 「ポケモンGO」大幅アップデート より自分に近いスタイル変更、現実世界を反映したビジュアルなど (2024年04月16日)
  2. ソフトバンク版iPhone 15 Pro、Pixel 8 Proの一部容量が実質24円 1年で買い替える人向け「新トクするサポート(プレミアム)」の内訳とは (2024年04月17日)
  3. 縦折りスマートフォン6機種のスペックを比較する サイズ/カメラ/価格の違いは? (2024年04月17日)
  4. Back Marketの「リファービッシュ製品」が中古と違うワケ 売れ筋はiPhone 13、バッテリー“100%保証”の計画も (2024年04月17日)
  5. 「なめてんの?」前澤友作さん、Metaの“他責的声明”に激怒 著名人なりすまし広告問題で (2024年04月17日)
  6. HMDとハイネケン、透明で“退屈な”折りたたみ携帯を発表 (2024年04月17日)
  7. ソフトバンク、「新トクするサポート(プレミアム)」を4月18日に開始 対象機種は? 現行プログラムとの違いは? (2024年04月16日)
  8. ガストの「テーブル決済」をPayPayで試してみた 便利だけど思わぬワナも (2024年04月14日)
  9. バッファロー製Wi-Fiルーターに脆弱性 対象機種は今すぐファームウェア更新を (2024年04月17日)
  10. スマホでブレの少ない写真を撮りたいなら持ってて損なし! 「CP+2024」で展示されていた便利アイテムをチェック (2024年04月16日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年