ニュース
» 2018年05月16日 12時00分 公開

ドコモに「Galaxy S9」「Galaxy S9+」見参 可変絞りカメラを搭載して5月18日発売【写真追加】(1/2 ページ)

レンズのF値を1.5と2.4と切り替えられるアウトカメラを備える「Galaxy S9」「Galaxy S9+」が、NTTドコモから登場する。もれなく「dポイント」がもらえる発売記念キャンペーンも実施する。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは5月18日、サムスン電子製Androidスマートフォン「Galaxy S9 SC-02K」「Galaxy S9+ SC-03K」を発売する。両機種ともにアウトカメラにF1.5とF2.4を切り替えられる「デュアルアパチャー」機能に対応しており、昼夜を問わずキレイな写真を撮影できることが特徴だ(SC-03Kは広角カメラのみ対応)。

【写真追加(21時50分):2ページ目に実機写真を追加しました】

Galaxy S9 SC-02K(左)とGalaxy S9+ SC-03K(右) Galaxy S9 SC-02K(左)とGalaxy S9+ SC-03K(右)

Galaxy S9 SC-02K

 SC-02Kは海外で3月16日(発売箇所の時間)から順次販売を開始した「Galaxy S9」のドコモ版。日本向けのカスタマイズとして、テレビチューナー(フルセグ・ワンセグ)とおサイフケータイ(モバイルFeliCa)を搭載している。また、ドコモネットワークへの最適化が行われており下り最大998Mbps(理論値)の通信に対応している。

 ボディーカラーはMidnight Black、Lilac Purple、Titanium Grayの3色。OSはAndroid 8.0をプリインストールする。

正面 Galaxy S9 SC-02K
背面 カラーはMidnight Black、Lilac Purple、Titanium Grayの3色

 プロセッサにはQualcommの「Snapdragon 845」(CPU部は2.8GHz 4コア+1.7GHz 4コア)を採用し、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GBを備える。外部ストレージは最大400GBのmicroSDXCに対応する。内蔵バッテリーは3000mAhで、Qi(チー)規格に準拠する非接触充電にも対応する。

 ディスプレイはHDR(高ダイナミックレンジ)表示に対応するQHD+(1440×2960ピクセル、アスペクト比9:18.5)の5.8型Super AMOLED(有機EL)を搭載。Galaxy Sシリーズとして初めてステレオスピーカーも備えた。このスピーカーはAKGによる監修を経たものだ。音響面では「Dolby Atmos」にも対応している。

 先述の通り、アウトカメラには絞り可変機構を備えている。1220万画素のメモリ積層型デュアルピクセルセンサーを生かした「マルチフレームノイズリダクション機能(暗所ノイズ低減機能)」や960fps(フレーム/秒)の「スーパースローモーション撮影」にも対応した。スーパースローモーション撮影では、指定した範囲内に被写体が入ると自動的にスローモーションにする機能も備えた。

 インカメラは800万画素センサーとF1.7レンズの組みあわせ。オリジナルアバターを作成する「AR絵文字」機能に対応している。

 セキュリティ面では、虹彩認証と顔認証を組み合わせてセキュリティを強化する「インテリジェントスキャン」に対応。指紋認証も引き続き利用できる。

「Galaxy S9 SC-02K」の主な仕様
機種名 Galaxy S9 SC-02K
メーカー サムスン電子
OS Android 8.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 845/2.8GHz 4コア+1.8GHz 4コア
メインメモリ 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大400GB)
ディスプレイ 5.8型Super AMOLEDディスプレイ(Infinity Display)
解像度 1440×2960ピクセル
バッテリー容量 3000mAh(ユーザー交換不可)
連続待受時間 約390時間(LTE)/約400時間(W-CDMA)/約340時間(GSM)
連続通話時間 約1170分(LTE)/約1040分(W-CDMA)/約690分(GSM)
アウトカメラ 有効約1220万画素メモリ積層型CMOS
インカメラ 有効約800万画素CMOS
ボディーカラー Midnight Black、Lilac Purple、Titanium Gray
サイズ 約69(幅)×148(高さ)×8.5(奥行き)mm
重量 約161g

Galaxy S9+ SC-03K

 SC-03Kは「Galaxy S9+」のドコモ向けバージョン。ボディーカラーはMidnight BlackとTitanium Grayの2色を用意している。

正面 Galaxy S9+ SC-03K
背面 カラーはMidnight BlackとTitanium Grayの2色

 SCV38と比べると、ディスプレイは6.2型に大型化され、メインメモリは6GB、バッテリー容量は3500mAhに増強されている。

 アウトカメラは絞り可変機構を備えた1220万画素のメモリ積層型デュアルピクセルセンサー(広角カメラ)に加えて、1220万画素センサーを備える望遠カメラを搭載している。デュアルカメラを生かした「ライブフォーカス撮影」にも対応している。背景に光源が点で存在している場合、その光源にエフェクトをかける機能も備えた。

 その他、主な仕様はSC-02Kと同様だ。

「Galaxy S9 SC-03K」の主な仕様
機種名 Galaxy S9+ SC-03K
メーカー サムスン電子
OS Android 8.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 845/2.8GHz 4コア+1.8GHz 4コア
メインメモリ 6GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大400GB)
ディスプレイ 6.2型Super AMOLEDディスプレイ(Infinity Display)
解像度 1440×2960ピクセル
バッテリー容量 3500mAh(ユーザー交換不可)
連続待受時間 約400時間(LTE)/約450時間(W-CDMA)/約370時間(GSM)
連続通話時間 約1310分(LTE)/約1170分/約780分
アウトカメラ 有効約1220万画素メモリ積層型CMOS(広角)+有効約1220万画素CMOS(望遠)
インカメラ 有効約800万画素CMOS
ボディーカラー Midnight Black、Titanium Gray
サイズ 約74(幅)×158(高さ)×8.5(奥行き)mm
重量 約187g

発売記念キャンペーン

 両機種の発売を記念して、発売日から6月30日までに両機種を購入したユーザーに「dポイント」を5000ポイントプレゼントする。

 プレゼントをもらうには、別途専用サイトで7月8日までに申し込む必要がある。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2022年06月27日 更新
  1. 「プラチナバンドを楽天に譲渡すべき」「PayPay黒字化はいつ?」 ソフトバンク株主総会で語られたこと (2022年06月25日)
  2. スマホのバッテリー劣化の指標「充電サイクル500回」って結局どういうこと? (2022年06月25日)
  3. 詳しい人でもだまされる? スマホを狙った「フィッシング詐欺」の手口と対策 (2022年06月26日)
  4. Y!mobileとUQ mobileのキャンペーンまとめ【6月25日最新版】 人気スマホを特価で手に入れよう (2022年06月25日)
  5. 月20GBのスマホ料金で最安は? ギガも通話もお得に使える10サービスを徹底比較 (2022年06月24日)
  6. PayPayキャンペーンまとめ【6月26日最新版】 最大10万ポイント還元が始まる (2022年06月26日)
  7. ドコモ販売ランキング:割引の「Xperia 1 II」と「Galaxy S21」がトップ10に返り咲き【6月13日〜19日】 (2022年06月25日)
  8. 総務省が4キャリアと全携協に「不当な端末販売拒否」の改善を要請――そもそも、スマートフォンは完全分離で売れるものなのか (2022年06月26日)
  9. Xiaomiの激安ハイエンドスマホ「POCO F4 GT」を解説 あえて“ゲーミング要素”を抑えた理由 (2022年06月25日)
  10. 楽天ペイメント、みんなの銀行、三井住友カードのキャンペーンまとめ【6月26日最新版】 最大全額還元は6月末まで (2022年06月26日)

過去記事カレンダー