レビュー
» 2018年09月26日 14時33分 公開

「iPhone XS Max」は片手でどこまで操作できる? 画面の視認性は?

2018年の新iPhoneである「iPhone XS」と「iPhone XS Max」が発売された。個人的には、XSよりXS Maxの方に魅力を感じている。理由はシンプルで、「画面が大きいから」。では、操作感や視認性はどう?

[田中聡,ITmedia]

 2018年の新iPhoneである「iPhone XS」と「iPhone XS Max」が発売された。個人的には、XSよりXS Maxの方に魅力を感じている。理由はシンプルで、「画面が大きいから」。

iPhone XS Max 6.5型の「iPhone XS Max」。手にしても、数字ほど大きくは感じない

 筆者は現在「iPhone X」を使っていて、それ以前は「iPhone 7 Plus」を使っていた。7 Plusも最初は「でかいな〜」と思いながら使っていたが、1年もすれば慣れてきて、もうこれより小さい画面には戻りたくないと思えたほど。

 そんな中で乗り換えたiPhone X。画面サイズは7 Plusの5.5型からXで5.8型に“数字上は”大きくなったが、インチ(型)は対角線の長さを示すもの。Xは縦長になったので、上下のスクロールだけで閲覧できるスマートフォン用サイトやSNSなどの情報量は増したが、横幅が狭くなった分、写真、動画、電子書籍などは7 Plusの方が大きく表示できるという逆転現象が起きた。

 一方、iPhone XS MaxはiPhone 7 Plusとほぼ同じ幅を実現しながら、画面サイズは6.5型にまで大きくなった。幅は7 Plusが77.9mm、XS Maxが77.4mmで、むしろXS Maxの方が0.5mm細い。ちなみにiPhone 8 Plusは幅78.1mmなので、XS Maxの方が0.7mm細い。かつて7 Plusを使っていた身としては、XS Maxを手にしても「でか!」と感じることはなかった。側面のラウンド形状と相まって、むしろ持ちやすいと感じたのが正直なところだ。

サイズと重量
サイズ(幅×高さ×奥行き) 重量
iPhone XS Max 77.4×157.5×7.7mm 208g
iPhone XS 70.9×143.6×7.7mm 177g
iPhone X 70.9×143.6×7.7mm 174g
iPhone 8 Plus 78.1×158.4×7.5mm 202g
iPhone 7 Plus 77.9×158.2×7.3mm 188g

 ではiPhone XS Maxの操作感は実際のところどうか。参考までに、筆者の手のサイズは、幅(人さし指と小指の付け根)が約80mm、長さ(中指の先端から手首)は約180mm。

 まずはロック解除。iPhone XS Maxでは顔認証の「Face ID」でロックを解除する。本体を握って持ち上げると自動で画面が点灯し、顔を認証するとロックが解除される。その後、画面下部を上方向にスワイプすればホーム画面に切り替わる。このスワイプ操作は片手だと指の移動が難しく、親指が下まで届くよう持ち替えるか、もう一方の手を使う必要がある。

iPhone XS Max 顔認証後のロック解除は、片手ではやりにくい

 iPhone 7 PlusのTouch IDも、親指をホームボタンまで移動させる必要があるが、iPhone XS Maxは指を(ホームボタンのあった場所よりも下の)端まで移動させるので、指の移動量はXS Maxの方が多い。本体の下半分を握れば片手でも親指が下まで届きやすい。ロックの解除、そしてホーム画面に戻る操作は下半分を持ち続けるか、諦めて両手前提と考えた方がいいだろう。

iPhone XS Max
iPhone XS Max 片手でロック解除やホームに戻る操作をするには、端末の下部に持ち替えないと厳しい

 片手だと画面の端には指が届かないので、左手で端末を握り、ホーム画面で右端のアプリを選びたいときは、右手を使うようにしている。ちなみにiPhone XやXSでは、頑張れば端まで指が届いたので、これはXS Maxならではのデメリットだ。

iPhone XS Max iPhone XS Maxは片手で握って親指を伸ばしても、端まで届かない
iPhone XS Max iPhone XSは頑張れば端まで親指が届く

 左右のフリックによるホーム画面のページ移動、電子書籍のページめくり、写真の切り替え、上下のフリックによるブラウザやSNSのスクロール、上スワイプによる起動中のアプリ呼び出しや終了などは、片手でも問題なく行える。画面上部から通知を呼び出す、画面右上からコントロールセンターを呼び出す操作はさすがに片手では厳しいが、これはiPhone Xでも同様だ。

iPhone XS Max
iPhone XS Max 上下左右のフリック操作は片手でも問題ない

 「Pokemon GO」の片手操作も、iPhone Xと同じような感覚でこなせる。モンスターボールは必ずしも画面下部からフリックして投げる必要がなく、画面のどこに触れれば投げられるので、画面の中央付近から投げ始めれば問題ない。ただ、距離が遠いポケモンだと片手で当てるのは難しい(これはiPhone Xも同様だが)。

iPhone XS Max 「Pokemon GO」のモンスターボールも、よほど距離のあるポケモンを除き、片手で投げて当てられる

 文字入力はデフォルトだと片手操作は厳しいが、iOSの日本語キーボードは、左右のどちらかに寄せることができるので、これを活用すれば片手でもある程度は入力しやすい。サードパーティーが提供しているキーボード「ATOK」や「Simeji」も、片手操作用にキーボードを左右に寄せることができるので、必要に応じて活用したい。ただ、片手で文字を打つときは本体下部を持つため重量バランスが悪く、結局両手で打つ方が安定する。これはiPhone Xでも同様なので、慣れればそれほど苦ではない。

iPhone XS MaxiPhone XS Max iOSのキーボードは左右に寄せることで、片手でも操作しやすくなる
iPhone XS MaxiPhone XS Max ATOK(写真=左)やSimeji(写真=右)のキーボードも左右寄せに対応している

 画面の視認性はどうか。写真、動画、電子書籍はiPhone X/XSよりもiPhone XS Maxの方が大きく表示できるのはもちろん、デフォルトの文字サイズだと、ブラウザやSNSなどを1画面の表示できる情報量はiPhone XS Maxの方が多いケースも確認できた(アプリや表示方法によって異なるが)。マップやゲームなど、Xに最適化されたアプリも、当然XS Maxの方が大きく表示できる。

iPhone XS Max いずれも左がiPhone XS Max、右がiPhone XS。写真はXS Maxの方が大きく表示できる
iPhone XS Max スマートフォンに最適化されたブラウザも、iPhone XS Maxの方が多くの情報を1画面に表示できている
iPhone XS Max PC向けレイアウトのページは、iPhone XS MaxもiPhone XSも表示範囲は同じだった
iPhone XS Max TwitterはiPhone XS Maxの方が多くの情報を表示できる
iPhone XS Max Facebookの表示量はどちらも変わらなかった

 iPhone 7 PlusからiPhone Xに変更して、Xの狭額縁デザインは画面への没入感が増したのは良かったが、コンテンツの表示サイズが小さくなってしまったのは不満だった。しかし、iPhone XS Maxでは7 Plusと同等サイズでコンテンツが表示可能になった。しかもXのデザインを踏襲しており、縦方向の表示領域は広がっている。画面の視認性に関しては、PlusとXのいいとこ取りをしたといえる。

 ただ、iPhoneのカメラで撮影した静止画は4:3、動画は16:9、また配信されている動画コンテンツも16:9のアスペクト比が多いので、画面のアスペクト比が19.5:9のiPhone XS Maxで再生すると上下(または左右)に余白ができ、“全画面”で見ている感覚は乏しい。

iPhone XS Max 左がiPhone XS Max、右がiPhone 7 Plus。縦横比が4:3の写真を表示できるサイズはほぼ同じだ
iPhone XS Max 幅がほぼ同じで縦長になったため、ブラウザは当然iPhone XS Maxの方が多くを表示できる

 新iPhoneはぜひiPhone XS Maxを選びたいところ……だが、12万4800円(税別)〜16万4800円というお値段が悩ましい。しかしもiPhone Xを発売当初から使っているとはいえ、Xの発売時期は2017年11月なので、まだ1年もたっていない。「価格」と「タイミング」を考えて、まだ乗り換えるべきか迷っている。ともあれ、これまでiPhoneの「Plus」を違和感なく使っている人なら、XS Maxのサイズは「ちょうどいい」と感じるはずだ。

iPhone XS Max iPhone XSとiPhone XS Max
iPhone XS Max 「Galaxy Note8」とiPhone XS Max。Galaxy Note8の方がやや縦長だ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう