ニュース
» 2019年02月08日 10時00分 公開

石川温のスマホ業界新聞:楽天・三木谷社長「大規模通信障害、基本的にうちではあり得ない」――クラウドベース最先端ネットワークに自信

楽天の三木谷浩史社長が「新春カンファレンス」で携帯電話事業について語った。「クラウドベースの最先端ネットワーク」に自信を見せる三木谷社長だが、どんなに努力してもダウンしてしまうことがあるのがネットワークだ。

[石川温]
「石川温のスマホ業界新聞」

 1月30日、楽天が「楽天新春カンファレンス 2019」を開催するということで取材に行ってきた。注目は、何と言っても三木谷浩史社長の基調講演だ。

この記事について

この記事は、毎週土曜日に配信されているメールマガジン「石川温のスマホ業界新聞」から、一部を転載したものです。今回の記事は2019年2月2日に配信されたものです。メールマガジン購読(月額540円・税込)の申し込みはこちらから。


 楽天は現在、4万6686の店舗数を誇るが、カンファレンスには店舗運営者など4000名が集う。三木谷社長など幹部が、楽天の方向性を語るイベントとなっている。

 昨年から取材するようになったが、もちろん関心は楽天のMNO事業だ。

 今回、三木谷社長からは「日本の通信料金は世界に比べても高い。10月には消費増税もある。ユーザーの財布の紐は硬くなる一方だ。我々が通信事業に参入し、安価な料金プランを提供することで、ユーザーの財布に余裕を持たせることで、みなさんのショップの売り上げに貢献したい」と語っていた。

 ようやく「楽天が自らMNO事業に参入する目的」がわかりやすく語られたような気がした(とはいえ、そんな理由であれば、MVNOのままでいいような気がするが)。

 三木谷社長は、楽天のMNOでは、最新の通信技術を投入し、簡便に基地局を設置できるという点を動画でアピール。「他社はアンテナの周りに複数の機材が必要だが、我々はとてもシンプルな構成だ」として、安価な設備投資でも問題ない点が訴求された(他社は複数の周波数帯を使っているため、複数の機材が必要だと思われる)。

 最新鋭のクラウド技術を使い、シンプルな基地局で設備投資も安価になるという点は十分、伝わってきたが、聞き捨てならなかったのが次のフレーズだ。

 「昨年、ある携帯電話会社で大規模なネットワーク障害が発生した。我々では基本的にはありえない」と発言したのだ。

 楽天はクラウドベースでネットワークを構築するから通信障害は起きないといいたいのだろうが、クラウドだろうが専用機だろうが、落ちる時には落ちるのがネットワークだ。あのグーグルだって、サーバーをダウンさせることがあるくらいだ。

 この10年でNTTドコモもKDDIも、スマホによって急増したトラフィックに耐えられず、ネットワークが不調になったことはあったし、「NTTドコモ、KDDIに比べて、我々は2時間以上の通信障害を起こしたことはない」と、かつて孫正義社長が豪語していたが、2018年になって、ソフトバンクも大規模障害を起こしている。

 どのキャリア、ベンダーも通信障害を起こさぬよう、日々、尽力しているにも関わらず、ちょっとしたトラブルで大規模障害が発生しているのだ。

 通信を専門としない会社がMNO事業に参入し、これまでの常識にはない取り組みで、大手3社を攻めていくのは歓迎だが、もう少し、発言に気をつけたほうがいいのではないだろうか。

© DWANGO Co., Ltd.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10