ニュース
» 2019年03月14日 19時00分 公開

楽天モバイルがMNO回線への移行を案内 3月14日10時以降の契約者にはSIMカードを発送

楽天が「楽天モバイル」のMVNO→MNO回線への移行に関する案内を掲載。3月14日10時以降に新規契約したMVNO回線は10月以降に順次MNO回線のSIMカードを発送するという。既存ユーザーへの対応は、今後改めて案内するという。

[井上翔,ITmedia]

 楽天は3月14日、「楽天モバイル」のWebサイトに「楽天モバイルのネットワークは、自社回線への移行を予定しております」という案内を掲載した。

案内文

 この案内は、現在NTTドコモとau回線を利用して提供している楽天モバイルを、同社の子会社「楽天モバイルネットワーク」(RMN)が提供するMNO回線に切り替える旨を伝えるもので、新規契約時期によって対応が異なる。

 なお、同社は4月1日付で楽天モバイル事業をRMNに承継する予定となっている(参考リンク)。

2019年3月14日10時以降の新規契約分

 10月以降順次、RMNのSIMカードが自動的に送付される。具体的な送付時期や手続きの方法については、別途案内が行われる予定。

 注意点は以下の通り。

  • プランと最低利用期間は継続
  • SIMカードを交換しない場合はMVNOサービスを継続利用できる
  • 一部のオプションサービスは継続できないことがある
  • 利用環境によってはSIMカードが送付されないことがある

2019年3月14日9時59分までの新規契約分(既存ユーザー)

 移行方法の詳細が決まり次第、別途案内される。

MNO回線に対応する端末(3月14日現在)

 楽天モバイルではSIMカードと端末のセット販売を実施しているが、対応周波数帯(Band)などの兼ね合いから、セット販売端末の全てがRMNのMNOサービスに対応しているとは限らない。

 3月14日現在、RMNに対応するセット販売端末は以下の通り。その他の端末は非対応となる。

  • AQUOS R2 compact SH-M09
  • AQUOS sense2 SH-M08
  • AQUOS sense plus SH-M07
  • AQUOS R compact SH-M06
  • AQUOS sense lite SH-M05
  • HUAWEI nova lite 3
  • OPPO AX7
  • OPPO R17 Pro
  • OPPO Find X
  • Aterm MR05LN
一覧 楽天モバイルのセット端末の一部。この中では「HUAWEI Mate 20」「LG Q Stylus」が非対応となっている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう