今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年04月04日 21時08分 公開

「au PAY」のキャンペーンはどれだけお得? 26.5%還元はレアケース?

4月9日にスタートするauのコード決済「au PAY」は、サービス開始に合わせて、さまざまなキャンペーンを展開する。競合サービスも、20%還元などの大型キャンペーンを積極的に実施しているが、au PAYのキャンペーンはどれだけお得なのか?

[田中聡,ITmedia]

 4月9日にスタートするauのコード決済「au PAY」は、サービス開始に合わせて、さまざまなキャンペーンを展開する。競合サービスも、20%還元などの大型キャンペーンを積極的に実施しているが、au PAYのキャンペーンはどれだけお得なのか? 4月4日に発表された3つのキャンペーンについて、あらためて確認していこう。【訂正あり】

その1:ポイントチャージでau WALLET残高10%増額

 4月15日から4月30日まで、au WALLET ポイントからau WALLET 残高にチャージをすると、10%を増額する。au WALLET ポイントからチャージできるのは月あたり2万円までなので、最大で2000円が還元される。還元されたポイントは即時で反映される。

au PAY au WALLET ポイントからのチャージで10%を増量する

 注意したいのは、10%増額されるのは、au WALLET ポイントからチャージした場合のみ。auかんたん決済やクレジットカードなど、その他の手段からチャージした場合は増額の対象外となる。つまり2000円の増額をフルに受けるには、期間内に2万ポイントをためる必要がある。

 au WALLET ポイントをためる手っ取り早い方法はau PAYを使うことだが、auスマートパスプレミアム会員向けの1.5%還元の場合でも、2万ポイントをためるには134万円近くを使う必要がある。あるいは4月23日に実施する「三太郎の日」は還元率が20%に上がるので、この日に10万円の買い物をすれば、一気に2万ポイントがたまる。

【訂正:2019年4月30日21時15分 初出時に、「auスマートパスプレミアム会員向けの1.5%還元の場合でも、2万ポイントをためるには13万4000円近くを使う必要がある」としていましたが、正しくは「auスマートパスプレミアム会員向けの1.5%還元の場合でも、2万ポイントをためるには134万円近くを使う必要がある」です。おわびして訂正致します】

 また、au WALLET ポイントは、クレジットカード、銀行、ネットサービスなどのポイントと交換できるので、交換対象サービスで多数のポイントがある人は、このポイントを交換するのも手だ。ただしサービスによっては交換の手続きに数週間かかる場合もあるので、早めにチェックしておきたい。

その2:「三太郎の日」に最大20%還元

 毎月3日、13日、23日に実施する「三太郎の日」にau PAYで支払うと、au STAR会員は5%、auスマートパスプレミアム会員は20%分、ポイント還元を増量する。こちらは4月23日から実施する。4月の増量ポイントは6月末までに反映され、上限は5000ポイント。

au PAY 三太郎の日は20%を還元する。終了時期は未定

 「20%還元」のインパクトは大きいが、これを受けられるのは月に3日間しかなく(4月は23日のみ)、対象はauスマートパスプレミアム会員のみ。競合サービスを見ると、「PayPay」はキャンペーン期間内にPayPay残高から支払えば、いつでも誰でも20%の還元を受けられる。LINE Payが毎月実施している「Payトク」キャンペーンも、期間内ならいつでも誰でも20%が還元される。

 キャンペーンの終了時期は未定なので、しばらくは毎月実施されるだろうが、20%の還元をフルに受けられるケースは他社よりも限定的だ。

その3:「食べログ」提携店舗で5%還元

 4月23日から7月31日までは、「食べログ」掲載のキャンペーン対象店舗で支払うと、5%のポイントを還元する(200円ごとに10ポイント還元)。ポイントは決済してから3〜4日後に付与される。

au PAY 食べログ掲載の対象店舗で支払うと、ポイントを5%増量する

 どの店舗が対象なのかが気になるが、キャンペーンサイトは4月23日オープン予定となっており、まだ詳細は明かされていない。23日以降にあらためてチェックしたい。

 au PAYのキャンペーンでは、最大26.5%のポイントが還元されるが、この恩恵をフルに受けるには、「auスマートパスプレミアム会員であること」「三太郎の日であること」「食べログのキャンペーン対象店舗で支払うこと」という3つの条件が必要になる。

au PAY 合計で最大26.5%の還元を受けられるのは、限られたケースとなる

auスマートパスプレミアム会員になるべきか?

 au PAYでは、auスマートパスプレミアム会員のポイント還元が優遇されている。先の三太郎の日は顕著だが、これに加え、auスマートパスプレミアム会員は普段の買い物でも、ポイント還元率は通常の0.5%より1%高い1.5%に上がる。ここで考えるべきは、auスマートパスプレミアムを契約すべきか否か?

 多くのauユーザーが契約している「auスマートパス」の月額料金は401円(税込、以下同)。一方、auスマートパスプレミアムの月額料金は538円で、差額は137円。前述の0.5%と1.5%の還元率で計算すると、還元ポイントの差が137を超えるのは、月に約1万3800円の買い物をした場合。auスマートパスプレミアム会員なら207ポイントが、auスマートパス会員なら69ポイントが還元され、その差は138になる。

 三太郎の日は、還元率の差は1%から15%に広がるので、より少ない金額で137円の差額を超えられる。毎月1万3800円が高額かどうかは判断の分かれるところだが、au PAYで毎月これくらい使うという人は、auスマートパスプレミアムに迷わず変更したい。

【訂正:2019年4月30日21時15分 初出時に、auスマートパスプレミアム会員とauスマートパス会員の還元率の計算に誤りがありました。再計算した上で、加筆修正致しました。おわび申し上げます。また、計算する金額を税別から税込に変更致しました】

au PAY auスマートパスプレミアム限定のクーポンもあるので、au PAYの還元額も加味して、auスマートパスから乗り換えるのがおすすめだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう