今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年04月04日 18時14分 公開

全容が見えた「au PAY」 競合サービスにはない特長とは? (1/2)

コード決済「au PAY」が4月9日にスタートする。競合の「○○ペイ」にはない強みはどこにあるのか? 既に物理カードの決済サービスや非接触決済サービスを提供しているKDDIが、なぜコード決済を提供するのか?

[田中聡,ITmedia]

 KDDIが4月9日にコード決済サービス「au PAY」を開始する。同社はかねてコード決済を開始することを予告していたが、その具体的な内容がようやく判明した。

au PAY au WALLET ポイントを軸にしたコード決済サービス「au PAY」

 2018年以降、さまざまなプレーヤーが「○○ペイ」と名の付くコード決済サービスを導入しているが、その中でau PAYの強みはどこにあるのか。

 auの決済サービスとしては、au WALLETのプリペイドカードとクレジットカード、これらを利用した非接触決済サービスとしてApple Pay(iOS向け)を既に導入しているが、なぜあえてコード決済を追加するのか。

 4月4日に開催した発表会で、KDDI 取締役執行役員専務 コンシューマ事業本部長の東海林崇氏と、ライフデザイン事業本部 新規ビジネス推進本部 副本部長の中井武志氏が説明した。

au PAYau PAY KDDIの東海林崇氏(写真=左)と中井武志氏(写真=右)

1000億円強のポイント+残高がある

 現在、auユーザーには1000億円超のau WALLET ポイントとau WALLETチャージ残高がある。au WALLET ポイントは毎月のau携帯利用の他、auひかりやauでんきの利用、ショッピングサイト「Wowma!」の利用でもたまるため、これらのサービスをたくさん使う人ほど自然にポイントがたまりやすい。実際、1000ポイント以上をためているユーザーは1400万人超、1万ポイント以上をためているユーザーは約100万人いる。

au PAY auユーザーが保有する、au WALLETのポイントやチャージ残高は1000億円を超える
au PAY auサービスのヘビーユーザーほどポイントがたまりやすい

 ただ、たまったポイントを使わない人も多いため、こうした“埋蔵ポイント”を積極的に使ってもらうための出口として、au PAYを開始した。KDDIがコード決済に注力するというよりは、キャッシュレスを推進するという前提のもと、「出口(支払い)の選択肢を増やした」と中井氏は説明する。

au PAY au PAYを通じて「脱・埋蔵ポイント」を目指す

 au PAYは、au WALLETアプリをバージョンアップすることで利用できる。新たなau WALLETアプリは、トップ画面の「ホーム」からチャージ、バーコードの表示、送金などの操作が可能。東海林氏は「トップ画面から1タップで決済ができる」と利便性の高さを説明。アプリを最初に起動する際、au IDでログインをすれば、すぐに利用を始められる。

 クレジットカードやプリペイドカードを事前に登録する必要のあるApple PayやQUICPayよりはハードルが低いので、これまでカード決済やスマホ決済を使ってこなかったユーザーを取り込めることが期待される。

au PAY 「au WALLET」アプリをバージョンアップすることでau PAYを利用可能になる
au PAYau PAY バージョンアップしたau WALLETアプリ。最初に表示される「ホーム」タブから、チャージ、コード表示、送金などの操作が行える。iOSアプリには、Apple Payの支払い画面を呼び出すショートカットも表示される(写真=左)。支払いで利用するバーコードとQRコード(写真=右)
au PAYau PAY ポイントチャージを含む、さまざまなチャージ手段を用意

 au PAYは、現時点ではauユーザーのみが利用できるサービスだが、2019年夏にau IDをau以外のユーザーにも開放するタイミングで、au PAYも利用できるようになる予定。

【訂正:2019年4月5日23時8分 初出時に、au IDの開放時期を「2018年夏」としていましたが、正しくは「2019年夏」です。おわびして訂正致します。】

au PAY au IDを開放するタイミングで、他キャリアのユーザーもau PAYが使えるようになる

さまざまなチャージ手段を用意

 チャージの手段も多く取りそろえた。リアル拠点ではローソンとauショップで現金チャージができる他、アプリやWebからはauかんたん決済、au WALLET ポイント、クレジットカード、じぶん銀行などからチャージができる。じぶん銀行以外からの銀行チャージについては「検討はしているが、いつ始められるかは申し上げられない」(中井氏)とのこと。2019年夏からは、セブン銀行ATMでの現金チャージや、残高不足時にauかんたん決済でのオートチャージにも対応する予定だ。

au PAY au WALLETへのチャージ手段
au PAY セブン銀行ATMからの現金チャージや、auかんたん決済経由のオートチャージにも対応予定。じぶん銀行からのオートチャージは既に対応している

 キャリア決済によるオートチャージは、競合の「d払い」や「PayPay」が実現していないこともあり、中井氏は「イチオシの機能」と言う。auに契約している全ての人が対象になり、しかも後払いで済むことから、「特長のあるサービスだと思う」と同氏。

au PAY オートチャージの設定画面

 もう1つユニークなチャージ手段として、2019年4月下旬から、au WALLET残高にチャージをする形で借り入れができる「au WALLET スマートローン」を提供する。金額は1万円〜50万円で、金利手数料は8〜18%。申し込みはau WALLETアプリからできるので、スマホ1つで手軽に借り入れができる。

 ポイントを使う新たな手段として、資産運用を疑似体験できる「au WALLET ポイント運用」も開始する。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう