ニュース
» 2019年05月13日 10時30分 公開

auの最新フィーチャーフォン「GRATINA KYF39」はUSB Type-C対応で5色展開【写真追加】

KDDIは、京セラ製のフィーチャーフォン「GRATINA KYF39」を発売する。キー配列を見直し、USB Type-Cの充電端子を備える。本体のカラバリも夏らしい薄水色、桜色、綿雪、紺碧、墨の5色を用意。

[金子麟太郎, ITmedia Mobile編集部,ITmedia]

 KDDIは、京セラ製のフィーチャーフォン「GRATINA KYF39」を発売する。本体カラーは自然の情景をイメージしたという薄水色、桜色、綿雪、紺碧(ぺき)、墨の5色。

GRATINA 京セラ製のフィーチャーフォン「GRATINA KYF39」
GRATINA 左から薄水色、桜色、綿雪、紺碧、墨

 GRATINA KYF39は4G LTEに対応するフィーチャーフォン。ハードウェアとして最も大きな変更点は充電端子がUSB Type-Cに対応したことで、裏表を気にせずにケーブルを挿せるようになった。卓上ホルダーは別売りとなる。キー配列も見直し、1つ1つのキーを拡大した。キーの文字色もコントラストを効かせて見やすくなっている。

 KYF37では背面にスピーカーを設けていたが、新機種KYF39ではディスプレイ側にスピーカーを兼ね備えたレシーバーを配置し、ハンズフリーでの通話品質を向上させた。

 通話機能として新たに「音声エクスポート」を搭載しており、機種変更時に、本体内部に録音/保存した音声をmicroSDメモリカードを経由して新しい機種へ引き継げる。

 KYF37で搭載していた「あとから録音」も引き続き搭載されている。通話終了後に直前の通話内容を音声データとして、1件あたり最大60分まで記録することができ、あとから聞き直すことができる。

 機能ロックは、機能別にロックをかけることで、大事なデータや内容を他人に見られるのを防ぐ機能。この機能もKYF37で搭載していたが、KYF39では電話やメールの他に、+メッセージやPCメールなどにも対応した。au世界サービスではVoLTEを含むLTEに対応した。

 ディスプレイサイズは約3.4型で、アウトカメラの画素数は約800万画素。インカメラはない。メインメモリは1GB、内蔵ストレージは8GB。

GRATINA
GRATINA 日本の自然美をイメージしたという5色の豊富なカラーバリエーションを用意
GRATINA
GRATINA
GRATINA
GRATINA ケータイでは珍しいUSB Type-C端子を搭載。ケーブルや卓上ホルダは別売となる
GRATINA
GRATINA ストラップホールもある
GRATINA
GRATINA バッテリーは取り外し可能
GRATINA メニュー画面
GRATINAGRATINA auのフィーチャーフォンでは「INFOBAR xv」に続き、「+メッセージ」を利用できる。メールアプリから切り替えて使う形
「GRATINA KYF39」の主な仕様
機種名 GRATINA KYF39
メーカー 京セラ
プロセッサ Snapdragon 210
メインメモリ 1GB
ストレージ 8GB
外部メモリ microSD
ディスプレイ 約3.4型フルワイドVGA
解像度 480×854ピクセル
連続通話時間 約610分(VoLTE)
連続待受時間 約530時間(LTE)
バッテリー容量 1500mAh
アウトカメラ 有効約800万画素
インカメラ
ボディーカラー 薄水色、桜色、綿雪、紺碧、墨
サイズ 約51(幅)×112(高さ)×17.4(奥行き)mm
重量 約125g

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう