調査リポート
» 2019年05月13日 19時14分 公開

Huawei、2019年第1四半期の世界シェアが過去最高の17%に 販売は前年比で約50%増

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは、Huaweiの2019年第1四半期のスマートフォン世界シェアが同社過去最高の17%に達したという調査結果を発表。販売が前年比で約50%増となり、出荷ベースではAppleに次ぐ世界2位のメーカーになったという。

[エースラッシュ,ITmedia]

 調査会社カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは、5月13日に世界のスマートフォン市場の最新調査結果を発表した。

 本調査によると、Huaweiの2019年第1四半期でのスマートフォン世界シェアは過去最高の17%に到達。販売が前年比で約50%増となり、出荷ベースではAppleに次ぐ世界第2位のスマートフォンメーカーとなった。同社ではHuaweiが若い消費者へのリーチで中国市場でのシェア拡大を実現し、今やSamsungと対等であると分析している。

Photo スマートフォン出荷ベース市場シェア

 一方、世界での2019年第1四半期スマートフォン出荷は前年同期比5%減少。世界のスマートフォン市場の縮小はこれで6四半期連続となり、特に市場の減少率が拡大した2月は在庫調整をかけたメーカーがあったこと、機種買い替えサイクルが長くなったことが要因と考えられる。

 SamsungはGalaxy S10の市場投入時の売れ行きがGalaxy S9の時よりも好調で、売り上げが増加。AppleのiPhoneの出荷は2四半期連続で前年割れとなり、Xiaomiは中国国内市場での激しい競争のため出荷が減少したが、インドでの業績は引き続き好調。OPPO、Realme、Vivo、OnePlusを傘下に持つBBKグループはグループ全体として世界第3位のメーカーであり、各社はいずれもこの四半期を成長で終えた。2019年第1四半期が成長となったのは中国のHuawei、OPPO、Vivoのみで、同社は市場の縮小は次の四半期以降は穏やかになると推測する。

Photo 世界のスマートフォン出荷ランキングとシェア 2019年Q1

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう