調査リポート
» 2019年02月19日 19時08分 公開

2018年10〜12月の国内携帯出荷数、iPhoneは18.8%減の504.7万台に

IDC Japanは、2月19日に2018年第4四半期(10〜12月)と2018年通年(1月〜12月)の国内携帯電話/スマートフォン出荷台数を発表した。2018年第4四半期の合計出荷台数は、前年同期比10.2%減の999.2万台。2018年通年は前年比でほぼ同水準、0.4%増の3432.6万台となった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 IDC Japanは、2月19日に2018年第4四半期(10〜12月)と2018年通年(1月〜12月)の国内携帯電話/スマートフォン出荷台数を発表した。

 2018年第4四半期の携帯電話合計出荷台数は、前年同期比10.2%減の999.2万台。要因として、iPhoneの出荷が前年同期比18.8%減の504.7万台に落ち込んだことが挙げる。

 この要因として同社は、「iPhone X」(2017年11月発売)の後継機種が2018年第3四半期に発売されたこと、2018年四半期は「iPhone 8」の出荷が一段落した中で新機種の「iPhone XR」がその市場を完全には代替できなかったことなどを挙げる。

 一方で「Pixel 3」「Xperia XZ3」「AQUOS zero」などのハイエンド機種の発売が相次いだAndroidスマートフォンの出荷も483.9万台となり、前年同期比0.2%減と伸び悩んでいる。

 メーカー別はAppleがシェア50.5%でトップを維持し、2位は116.6万台のシャープ(11.7%)、3位は86万台出荷のソニーモバイル(8.6%)、4位は83.7万台出荷のサムスン電子(8.4%)、5位は46.8万台出荷の京セラ(4.7%)となった。スマートフォンは2018年第4四半期の出荷台数は988.6万台で、前年同期比10.6%減。従来型携帯電話の出荷の急激な減少は2017年から継続する傾向にある。

Photo 2018年第4四半期 国内携帯電話出荷台数 ベンダー別 シェア
Photo 2018年第4四半期 国内スマートフォン出荷台数 ベンダー別 シェア

 2018年通年の携帯電話出荷台数は前年比でほぼ同水準となり、0.4%増の3432.6万台。ベンダー別シェアの上位5社は、トップは1576万台(シェア45.9%)のApple、2位は462.7万台(13.5%)のシャープ、3位は325.4万台(9.5%)のソニーモバイル、4位は251.0万台(7.3%)のサムスン電子、5位は233.4万台(6.8%)の京セラとなった。

 Appleの出荷台数は前年比0.8%減だが、ほぼ同水準を維持。これは2018年第3四半期まで好調な出荷が続いたiPhone 8シリーズによるところが大きく、シャープはAQUOS senseシリーズ、サムスンはGalaxy FEELシリーズのヒットが貢献したと予測する。スマートフォンの2018年通年の出荷台数は、前年比0.7%増の3376.7万台となった。

Photo 2018年 国内携帯電話出荷台数 ベンダー別 シェア
Photo 2018年 国内スマートフォン出荷台数 ベンダー別 シェア

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう