今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年06月17日 14時24分 公開

コード決済はなぜ使わない? ユーザーの声から見えた課題 (2/3)

[金子麟太郎,ITmedia]

コード決済よりもSuicaの方が速い

コード決済 楽天ペイユーザーの稲田さん(男性)

 楽天ペイを使っている稲田さんは、もともと「楽天モバイル」を使っていたので、楽天スーパーポイントも同時にたまる楽天のエコシステムに引かれたという。

 そんな稲田さんは、楽天ペイの他にも「メルペイ」やPayPayを使っている。メルペイや楽天は小さいキャンペーンを頻繁に行っており、それをきっかけに各キャンペーンも使うようになった。過去には「コーヒーが10円で飲めるキャンペーン」もあり、キャッシュレスのお得さに驚いたとのこと。

 稲田さんは、各社のポイント還元も重要な要素の1つだと話す。一方、「メルペイポイントはセブンイレブンでは使えるが、ローソンでは使えなかった」など、店舗によって使えるポイントが違うことに困ったという。

 そもそも実店舗で買い物する機会が多く、特にお得なキャンペーンをやっていなければコード決済ではなくSuicaを使うという。Suicaのメリットについては「ピッとタッチする方が早くて便利」だと話す。

 一方、コード決済は「例えばその都度アプリを起動することや、ポイントを使うのかどうかを操作するのが面倒」だと話す。さらに「使う人や店員さんが操作に慣れていないと、レジに列ができてしまい、周りの人にまで迷惑を掛けてしまう」と話す。こうした点は、Suicaを使う人ならではの視点だと感じた。

コード決済 コード決済はアプリを起動して、QRコードやバーコードを読み取ってもらう手間が掛かる

 稲田さんは、特に急ぎの用事ではSuicaを使い、時間に余裕があれば楽天ペイで支払っている。

 デメリットも多いが、楽天ペイではメリットも多いという。稲田さんは「楽天ポイントは楽天モバイルの引き落としに使える」ことや、「ポイントで通信費を払えるのはうれしい」と評価し、いわゆる楽天エコシステムが気に入っている印象を受けた。

困ったときに誰に聞けばいいのか分からない

コード決済 まだコード決済サービスを使ったことがない西城さん(女性)

 まだコード決済を使ったことがない西城さんは、直近まではコード決済を検討していたそうだが、「宮川大輔のCMで知ったPayPayを使うかどうかで迷っていた矢先に、PayPayの第1弾キャンペーンが終了した」ため、断念したとのこと。

 コード決済アプリに配信されるクーポンにも興味を持つ西城さんだが、手が出せずに悩む理由は「操作方法が分からない」ことや、「困ったときに誰に聞けば解決するのか分からない」からだという。

 そんな西城さんは、普段は現金よりもモバイルSuicaやクレジットカードで買い物をする機会が多い。子供がいる西城さんは、レジで手がふさがっているときに、財布から小銭を出すのが手間だと感じている。「コード決済もクレジットカードのように簡単に決済できるのなら使いたい」と述べた。

 一方で、どうしてもSuicaやクレジットカードが使えない八百屋やスーパーもある。西城さんは「現金はどうしても必要な場面が多々あり、完全に現金離れはできない」と不安そうに話していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう