調査リポート
» 2019年02月05日 21時30分 公開

QRコード決済、 利用トップは「楽天ペイ」 理由は「ポイントがたまる」

MMD研究所は、2月5日に「2019年2月 QRコード決済サービスの利用に関する調査」の結果を発表。スマホ所有者の利用トップは「楽天ペイ」で、理由トップは「ポイントがたくさんたまるから」となった。一方、利用しない理由は「クレジットカードで十分」「現金で十分」「個人情報や決済情報が漏えいしないか不安」など。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、2月5日に「2019年2月 QRコード決済サービスの利用に関する調査」の結果を発表した。対象はスマートフォンを所有している20歳〜69歳の男女887人で、調査期間は1月8日〜1月10日。

 各QRコード決済サービスを「現在利用している」という回答が最も多かったのは「楽天ペイ」(9.4%)、次いで「PayPay」(8.1%)、「LINE Pay」(7.9%)となる。名前のみを含めた認知度トップは「LINE Pay」で86.8%、次いで「PayPay」が86.4%、「楽天ペイ」が79.0%となった。

Photo

 男女別の利用状況は、「楽天ペイ」が男性11.6%、女性7.0%、「PayPay」が男性10.3%、女性5.9%、「LINE Pay」が男性8.9%、女性6.8%、「d払い」は男性が6.7%、女性が7.0%、「Amazon Pay」は男性が4.5%、女性が3.0%となった。

Photo
Photo
Photo
Photo
Photo

 QRコード決済サービスを利用する理由のトップは「ポイントがたくさんたまるから」(39.4%)、次いで「会計がスピーディーに終わるから」(31.9%)、「キャンペーンを知って興味を持ったから」(26.6%)と続き、男女別で最も差が出た項目は「お財布を持ち歩きたくないから」となった。

Photo
Photo

 一方、利用しない理由のトップは「クレジットカード(カードタイプ)で十分だから」(43.1%)、次いで「現金で十分だから」(23.6%)、「個人情報や決済情報が漏えいしないか不安だから」(21.6%)と続き、男女別で最も差が出た項目は「お金を使いすぎてしまいそうだから」となった。

Photo
Photo

 いずれのサービスも利用していないユーザーにQRコード決済の利用意向を聞いたところ「店員にコードを読み取ってもらうタイプ」を「利用してみたい」「やや利用してみたい」と回答したのは24.7%、「あまり利用したくない」「利用したくない」と回答したのは39.4%。「自分で店舗側のコードを読み取るタイプ」を「利用してみたい」「やや利用してみたい」と回答したのは24.1%、「あまり利用したくない」「利用したくない」と回答したのは35.8%だった。

Photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう