ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「楽天ペイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「楽天ペイ」に関する情報が集まったページです。

「データを取りたいわけではない」と強調:
「Web接客型Amazon Pay」登場 Amazonが決済サービスを充実させる狙いを事業責任者に聞く
Amazonアカウントを使ったID決済サービス「Amazon Pay」に新機能「Web接客型Amazon Pay」が登場した。その詳細とサービスが生まれた背景などを事業責任者に聞いた。(2019/10/8)

Mobile Weekly Top10:
SIMロック解除、本当にニーズないの?/「AQUOS zero2」はスマホゲーマーの心をつかめるか?
今から約6年前、ソフトバンクモバイル(当時)の孫正義社長(当時)が「SIMロック解除には需要がない」と言いました。そのSIMロック解除の要件は徐々に緩和されてきたわけですが、それでもまだ、解決すべき課題はあります。(2019/10/3)

森永卓郎が解説〜消費税ポイント還元はどの電子マネーがいちばん高いか
初心者はどれを選べばいい?(2019/10/3)

ユーザーも店舗も注目したい「キャッシュレス・消費者還元事業」
10月1日に消費税が増税され、税率が今までの8%から10%へと変更された。単純に2%の値上げとなるため、景気が低迷する日本においては消費の冷え込みにつながることが心配されている。そこで導入されたのが「キャッシュレス・消費者還元事業」だ。(2019/10/2)

物流のスマート化:
空を飛び地を駆ける、楽天と西友が推進するロボット商品配送サービス
楽天と西友は、一般利用者からの注文を受け、神奈川県横須賀市内の「西友リヴィンよこすか店」から港湾緑地「うみかぜ公園」へ、UGV(自動走行ロボット)を活用して商品を配送するサービスを実施している。一般利用者を対象としたUGVによる商用配送サービスは、国内初の取り組みになるという。(2019/10/2)

セブン-イレブンで「楽天ペイ」導入キャンペーン、711円以上(税込)の購入で150ポイント還元
楽天ペイメントは、10月1日から「『セブン‐イレブン』で楽天ペイを使おう!導入記念キャンペーン」を開催。「楽天ペイ(アプリ決済)」を利用してセブン‐イレブンで711円(税込)支払うと、漏れなく「楽天スーパーポイント」を150ポイント付与する。【画像差し替え】(2019/9/27)

無人走行ロボットのサービス開始:
ドローンの次は最速20キロのUGV 楽天が陸・空から革命起こす 壁は「手ごわい」道交法 
楽天が自動走行ロボットを使った配送サービスを開始。神奈川県横須賀市のうみかぜ公園で9月21日から10月27日まで。同ロケーションでは既にドローン配送も行っている。楽天は「無人ソリューションで新たな産業革命を起こす」という目標を掲げているが、道路交通法などまだまだハードルは高い。(2019/9/20)

調査対象の約半数が「スマホ決済サービスアプリのインストール後に利用なし」 MMD調べ
MMD研究所が「2019年9月 スマートフォン決済に関する実態調査」の結果を発表した。調査対象の全体の約半数がスマホ決済サービスのアプリをインストールしたものの、利用にいたっていないことが判明。また、非接触決済はQRコード決済より利用頻度が高いことが分かった。(2019/9/19)

自動走行ロボで商品配送、横須賀のスーパーから隣の公園に 西友と楽天
楽天と西友は、自動走行ロボットを使い、神奈川県横須賀市の「西友 リヴィンよこすか店」から、隣接する公園「うみかぜ公園」に商品を配送するサービスを、9月21日〜10月27日の約1カ月間にわたって行う。(2019/9/19)

スマホ決済アプリをインストールした人の6割超が利用せず 継続率に課題か
スマホ決済をインストールした人の62.8%がその後アプリを利用していないことが、MMD研究所の調査で判明。会員登録や口座連携は済ませたものの、使っていない人も存在した。現金やクレジットカードが根強く利用されていた。(2019/9/19)

楽天ペイ、10月1日から導入全店舗でポイント5%還元キャンペーン実施
「楽天ペイ(アプリ決済)」は、10月1日から導入全店舗でポイント5%還元するキャンペーンを実施。「キャッシュレス・消費者還元制度」を活用し、対象外の店舗でも「楽天ポイント」を合計5%還元する。(2019/9/12)

ブックオフ572店舗が「楽天ペイ」「Origami Pay」「PayPay」「LINE Pay」導入
ブックオフコーポレーションは、9月9日に国内のブックオフ572店舗へ「楽天ペイ(アプリ決済)」「Origami Pay」「PayPay」「LINE Pay」を導入した。2019年度中には他ブランドのペイメントも順次導入していく予定。(2019/9/9)

セブン-イレブン、10月から「au PAY」「d払い」など4種のスマホ決済を導入
セブン-イレブンが10月から、「au PAY」「d払い」「ゆうちょPay」「楽天ペイ」を導入する。すでに「PayPay」「メルペイ」などに対応しており、10月以降に利用できるスマホ決済サービスは計9種類になる。同チェーン限定のキャンペーンなども行っていくという。(2019/9/9)

セブン-イレブンが「楽天ペイ」「d払い」など4社の決済サービスを導入 10月1日から
10月1日から、全国のセブン-イレブン2万1034店舗で「au PAY」「d払い」「ゆうちょPay」「楽天ペイ(アプリ決済)」が使えるようになる。スマートフォンの画面に表示されるバーコードを店員に読み取ってもらうことで支払いが可能。セブン‐イレブンによる大々的なキャンペーンは予定していない。(2019/9/9)

「カラオケ館」がスマホ決済対応 PayPayやLINE Payなど7種類
カラオケ館全店でスマートフォン決済サービス7種類を導入。9月2日から利用できるようになる。(2019/8/29)

コード決済「au PAY」、auユーザー以外にも提供 「オープンなサービス」で拡大目指す
KDDIが、同社のコード決済サービス「au PAY」とプリペイドカード「au WALLET プリペイドカード」のサービスを、29日からauユーザー以外にも提供すると発表した。(2019/8/28)

モバイル決済で店舗改革:
多彩な決済手段を提供するSBペイメント 決済手数料を上回るキャッシュレス化のメリットとは?
SBペイメントサービスは、実店舗、オンラインでの決済サービスを提供する決済代行会社だ。クレジットカード決済やキャリア決済などに対応し、決済端末を提供している。同社サービスの特徴や、キャッシュレス化のメリットを聞いた。(2019/8/22)

モバイル決済の裏側を聞く:
J-Debitの仕組みをスマホで 「Bank Pay」の狙う市場と戦略
2019年秋のサービス開始を予定している「Bank Pay」は、「J-Debit」の推進団体としても知られる日本電子決済推進機構(JEPPO)が提供するサービスだ。Bank Payは「既にあるシステムをスマートフォンに拡張」「各金融機関が提供しているアプリやサービスとの連携」を特徴としている。JEPPOがうたう「オールバンクのスマホ決済サービス」とは?(2019/8/19)

乱立する「○○ペイ」 今さら聞けないスマホ決済の疑問
QRコード決済を使った「○○ペイ」が乱立している。本記事では、スマホ決済に関する今さら聞けない疑問をまとめた。(2019/8/15)

メルペイ、鹿島アントラーズの公式ショップに導入 男性層や40代の獲得狙う
メルカリは「メルペイ」を、Jリーグ・鹿島アントラーズのグッズを販売するオフィシャルショップに導入する。(2019/8/7)

Rakuten Optimism:
楽天ペイが進める“完全キャッシュレス化”のメリットと課題とは? 今後は顔認証決済も可能に?
Rakuten Optimismでは、楽天ペイが開発している新たな決済サービスを体験できる。顔認証決済では、スマホアプリからあらかじめ顔を登録して、タブレットなどから顔認証をすることで支払える。来店前にスマホであらかじめ注文しておくモバイルオーダーも体験した。(2019/8/2)

Rakuten Optimism:
キャッシュレス化の本質は“消費行動のデータ分析”にあり 楽天ペイメント中村社長が語る
楽天は話題のコード決済だけなく、多種多様な決済手段をそろえている。楽天ペイメントの中村社長は「来店促進から決済、マーケティングまで一気通貫でサービスを提供できるのが私どもの強み」と話す。キャッシュレスの本質は、決済情報、消費行動のデータ化にあるという。(2019/8/1)

「メルペイ」「LINE Pay」など6つのコード決済が「JPQR」に切り替え 8月1日午前3時から
キャッシュレス推進協議会が策定した決済用QRコードの統一規格「JPQR」。「メルペイ」「LINE Pay」など6サービスが8月1日午前3時から同規格に切り替える(一部は既に対応済み)。2019年内にはさらに6サービスがJPQRに対応する予定だ。(2019/7/25)

コード決済の統一規格「JPQR」、8月1日午前3時に各社が一斉導入 メルペイやLINE Pay、楽天ペイなど
「メルペイ」「LINE Pay」などの一部決済事業者が、自社で用意していた決済用コードを統一規格「JPQR」に準拠した決済用コードに切り替える。(2019/7/25)

コンビニのコード決済はどこがお得? 独自サービスやキャンペーンまとめ
スマートフォンのコード決済は、コンビニエンスストアでの採用が増えている。独自のコード決済サービスを提供するところも出てきた。現在実施しているキャンペーンも含め、どこがお得なのかを見ていこう。(2019/7/19)

QRコード決済で利用頻度最多は「PayPay」、満足度トップは「メルペイ」――MMD研究所が調査
MMD研究所が「2019年7月 QRコード決済の満足度調査」の結果を発表。利用頻度が最も高いサービスは「PayPay」で、約7割が1週間に1回以上利用。利用上位6サービスのうち、総合満足度トップは「メルペイ」となったという。(2019/7/18)

アキバの老舗Apple専門ショップの歩き方
アキバのApple専門ショップ、Mac Collectionの今を深堀りしてきた。(2019/7/18)

スマホ決済、利用頻度トップはPayPay 満足度トップはメルペイ
各種スマホ決済のユーザーのうち、利用頻度が最も高いのは「PayPay」で約7割が1週間に1回以上利用していた。一方、総合満足度のトップは「メルペイ」で、71%が満足と回答した。(2019/7/18)

くら寿司、時間指定予約やアプリで注文・決済できる「スマホdeくら」開始
くら寿司は、7月16日にスマホを活用した新サービス「スマホdeくら」を提供開始。「時間指定予約システム」が自動受付機と連動し、アプリでの事前・個人単位での注文やコード決済に対応する。(2019/7/16)

「くら寿司」がテクノロジー活用に本腰 店頭受付の省人化、アプリで事前注文・決済など開始
くら寿司が、公式アプリを活用して、顧客の利便性と店員の業務効率を高める施策「スマホ de くら」を始めると発表。その一環として、アプリで予約した顧客が来店した際に、店員を介さずディスプレイで受付する仕組みを導入した。座席からアプリで商品を注文できるサービスや、アプリで事前に注文・決済を終えた顧客に、店頭で商品を手渡すサービスも始めた。(2019/7/16)

スシローで「PayPay」「楽天ペイ」「メルペイ」が利用可能に 一部店舗が対象
スシローの一部店舗において7月11日から「PayPay」「楽天ペイ」「メルペイ」が使えるようになった。PayPayについては「いつもどこかでワクワクペイペイ」の対象となる。(2019/7/12)

東北地方最大の「楽天モバイル 仙台一番町店」オープン 同店限定のキャッシュレスキャンペーンも実施
楽天モバイルが仙台市青葉区に東北地方最大の店舗をオープン。これを記念し、同店限定で公式マスコットなどが参加するじゃんけん大会や「楽天ペイ(アプリ決済)」「楽天Edyアプリ」新規利用者へポイントを付与するキャンペーンを行う。(2019/7/12)

小規模サービス業・小売業の7割以上がキャッシュレス決済を導入済み
ラクーンコマースは、7月10日にキャッシュレス決済の導入に関するインターネット調査の結果を発表した。7割以上がキャッシュレス決済を導入しており、導入数が最も多い決済方式はクレジットカードの9割。売上比率は10%未満が約5割と導入効果を特に感じておらず、決済手数料での利益減少や資金繰りに対する不安も多い。(2019/7/11)

コード決済の認知は84.8%、利用経験上位は「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ」
MMD研究所は、7月10日に「2019年7月 QRコード決済利用動向調査」の結果を発表した。QRコード決済の認知は84.8%、内容理解は47.6%で、現在も利用しているのは15.6%。利用経験は「PayPay」がトップとなり、次いで「LINE Pay」「楽天ペイ」が上位に。(2019/7/10)

東横インで「楽天ペイ」「LINE Pay」「d払い」が利用可能に
東横インは、楽天ペイ、LINE Pay、d払いを国内ホテルに導入した。海外のホテルは対象外。(2019/7/10)

J-Coin Pay、ZOZOマリンスタジアムに導入 ビール100円引きも
J-Coin Payが8月6日からZOZOマリンスタジアムで使えるようになる。スタジアム内でJ-Coin Payを使うと、期間限定でビールを通常価格から100円引きになる。(2019/7/9)

ドローン:
スーパーから無人島へ商品を届ける、ドローン配送サービスを発表
楽天と西友は、離島の観光客にドローンで商品を届ける配送サービスを実施する。利用者がスマートフォンで注文・決済した商品を、横須賀市内の西友店舗から無人島「猿島」まで専用ドローンが配送する。(2019/7/9)

東急ハンズ、コード決済7ブランドを45店舗へ一斉導入
東急ハンズは、7月9日から全国の東急ハンズ/ハンズ ビーへモバイル決済サービス7ブランドを一斉導入。対象はd払い、楽天ペイ(アプリ決済)、PayPay、LINE Pay、メルペイ、QUOカードPay、ゆうちょPay。まずは東急ハンズ29店舗、ハンズ ビー16店舗で行い、未導入店舗へも順次拡大していく。(2019/7/8)

東急ハンズ、「PayPay」「LINE Pay」など7種のスマホ決済を一挙導入
東急ハンズが「PayPay」「LINE Pay」など計7種類のモバイル決済サービスを導入すると発表。対象は、全国の東急ハンズ29店舗、ハンズ ビー16店舗。9日から使えるようにし、他の店舗にも順次拡大する。(2019/7/8)

神戸市、商店街や水族館でキャッシュレス化の実証実験 12日から
神戸市と楽天ペイメントが、7月12日から神戸市内の水族館や動物園、商店街などで楽天ペイによるキャッシュレス化の実証実験を7月12日に始めると発表した。(2019/7/5)

ミニストップで「ゆうちょPay」が利用可能に 7月1日から
各種コード決済の導入を進めているミニストップが、「ゆうちょPay」に対応。ゆうちょ銀行の口座を持っているユーザーは注目だ。(2019/6/28)

楽天ペイ、実質最大5%を還元するキャンペーン第2弾を開催 7月1日〜9月30日
楽天ペイメントは、「楽天ペイ」の支払いの実質最大5%を還元するキャンペーン第2弾を開催する。エントリーしてクレジットカード「楽天カード」を支払元として設定して支払うと、ポイント付与率が通常の0.5%から4%にアップする。期間は7月1日〜9月30日。(2019/6/27)

ファミマ、モバイル決済「FamiPay」を7月から提供 クーポン、レシートもアプリで「財布いらず」目指す
ファミリーマートは、独自のモバイル決済サービス「FamiPay」を7月1日から提供する。決済機能に加え、クーポンや回数券なども使えるスマートフォンアプリ「ファミペイ」を公開する。(2019/6/27)

コンビニがけん引するキャッシュレス決済 5カ月で3倍に
スマートフォンを使ったキャッシュレス決済の利用先として、コンビニが5カ月前の3倍に伸びている。スマートフォン決済利用者のうちコンビニでの利用は73%に達した。(2019/6/27)

セルフレジのコード決済対応も:
ファミマのコード決済「FamiPay」7月1日にスタート
ファミリーマートがスマートフォン向け会員証アプリを開発。電子クーポンや各種コンテンツに加えて、独自のコード決済機能「FamiPay」を利用できる。これに合わせて、FamiPayを含むコード決済サービスをセルフレジで利用できるように改修する。(2019/6/27)

“楽天の5G”と“完全キャッシュレス”を体験できる「Rakuten Optimism 2019」 今夏開催
楽天が、2019年7月31日〜8月3日にイベント「Rakuten Optimism 2019」を開催する。イベントのテーマは「5G時代を、先取りしよう」であり、同社が思い描く5Gサービスを体験できる。会場での物販や飲食の決済を全てキャッシュレスにするのも特徴だ。(2019/6/26)

Mobile Weekly Top10:
コード決済を使わない人の声/中古スマホは「赤ロム」にご用心!
最近盛り上がりを見せる「コード決済」ですが、まだ使っていない人も少なくありません。その阻害要因はどこにあるのでしょうか……?(2019/6/26)

楽天ペイ対象加盟店で「au PAY」が利用可能に 6月26日から
楽天ペイメントが運営する「楽天ペイ(アプリ決済)」の対象加盟店において、KDDIの「au PAY」に対応。au PAYユーザーはau WALLETアプリを更新すれば対象店舗で決済できるようになる。加盟店側も特別な操作は必要ない。(2019/6/25)

au PAY、「楽天ペイ」加盟店でも利用可能に あすから
au PAYが「楽天ペイ」の加盟店でも使えるようになる。(2019/6/25)

「楽天ペイ」がビックカメラ、コジマ、ソフマップ全店舗で利用可能に
楽天の「楽天ペイ(アプリ決済)」が、6月20日から全国のビックカメラグループ全店舗に対応。利用者は「ビックカメラ」「コジマ」「ソフマップ」の対象店舗で会計の際、QRコードを店員に読み取ってもらえれば支払いができる。(2019/6/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。