ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「楽天ペイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「楽天ペイ」に関する情報が集まったページです。

ポイントや決済サービスの利用者が多い携帯キャリアは? MM総研が調査
MM総研は、8月7日に2020年6月末時点のポイント/決済サービスの携帯キャリア別利用状況の調査結果を発表。ポイントサービス、クレジットカード、ECサイトのクロスユース率は楽天モバイルがトップで、QRコード決済ではソフトバンクが大幅に増加した。(2020/8/7)

楽天モバイル、コンビニで「楽天ペイ」「楽天Edy」の20%還元キャンペーン
楽天モバイルらは、対象のコンビニエンスストアで「楽天ペイ」「楽天Edy」を利用すると支払い金額の20%分の楽天ポイントを還元するキャンペーンを開催。期間は8月31日まで。(2020/8/3)

交通系に乗り出すVisaのタッチ決済 Suicaへの優位性は?
タッチ決済を積極的に推進するVisaが、公共交通機関の決済にも乗り出した。7月29日に、茨城交通が運行する勝田・東海−東京線の高速バスで、タッチ決済の取り扱いを開始した。(2020/8/1)

楽天ペイが「JCB」「American Express」に対応
楽天ペイアプリで、7月29日から支払い元に、楽天カード以外のクレジットカード会社が発行するJCB、American Expressのカードが登録可能に。VISA、Mastercard、JCB、American Expressの国際ブランドカードで支払い可能となる。(2020/7/30)

スマホ決済の満足度は「PayPay」、利用頻度は「au PAY」がトップ MMDの調査より
MMD研究所は、7月29日に「2020年7月 スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査」の結果を発表した。QRコード決済サービスの利用頻度が最も高いのは「au PAY」で、利用者の約7割が1週間に1回以上利用。利用上位6サービスの総合満足度1位は「PayPay」となった。(2020/7/29)

てんやがコード決済を導入 d払い、PayPay、au PAYなど
天丼チェーン大手の「てんや」がQRコード決済サービスを導入した。d払いやPayPayなど多数のサービスを一斉導入することになる。今後も決済手段の拡充に努めるとしている。(2020/7/27)

マイナポイントでどの決済サービスを選べばいい? 主要サービスの特典まとめ
マイナポイントでは、あらかじめ選択したキャッシュレス決済サービス1つに対して、その決済を使った場合に還元が得られるので、まずはその選択が必要となる。マイナポイントの登録に対してキャンペーンを実施しているサービスも多いため、ここでは各社のキャンペーンを紹介したい。一度選択したサービスは変更できないので、慎重に考えたい。(2020/7/25)

コード決済の認知は93.3%、利用上位は「PayPay」「楽天ペイ」「d払い」 MMDの調査から
MMD研究所は、7月22日に「2020年7月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」の結果を発表。QRコード決済の認知は93.3%で、利用しているサービス上位は「PayPay」「楽天ペイ」「d払い」となった。(2020/7/22)

登録いまだ210万人、課題抱えるマイナポイント 諸外国の成功例に学べ
政府は18年以降、キャッシュレス社会実現に向けてさまざまな施策を行っている。「キャッシュレス・ポイント還元事業」ではキャッシュレス決済比率は上昇したが、未だ26%だ。次なる施策としてマイナポイント事業が始まるが、マイナポイントを受け取るために必要となるマイキーIDの発行数は約210万人。マイナポイント事業の上限である4000万人には遠く及ばず、期待していたほどのキャッシュレス促進の成果は得られない可能性が高い。(2020/7/19)

ファーウェイは“第3の道”で成功するか 「Tizen」「Firefox OS」……過去の失敗から可能性を探る
米国の制裁によってスマートフォンでGMS(Google Mobile Service)の利用ができなくなった中国ファーウェイが、“第3の道”を模索している。Googleの各種APIを自社の「HMS」に置き換えたスマホを販売している。そんな第3の道は、本当に成功するのか。可能性を考察した。(2020/7/3)

マイナポイントの認知度は53%、登録意向トップは「PayPay」 ICT総研の調査
ICT総研は、6月29日にマイナポイント利用意向に関する調査結果を発表。「聞いたことがある」は計52.7%となった一方、内容を把握している回答者は14.1%にとどまった。利用意向者は34%だが、マイナンバーカード未取得者ほど消極的となっている。(2020/6/29)

全国約8500の郵便局がキャッシュレス決済導入 7月7日から順次
日本郵便は、7月7日から全国約8500の郵便局へキャッシュレス決済を順次導入。各種料金の支払いや切手などの購入にクレジットカード、交通系ICなどの電子マネー、スマホ決済が利用できるようになる。(2020/6/29)

そごう・西武がコード決済を導入 7月7日から
そごう・西武は7月7日より、PayPayなどを含む計10種類のバーコード決済サービスを導入する。PayPay、楽天ペイ(アプリ決済)、LINE Pay、メルペイ、d払い、au PAYなど。一部で導入しない店舗もある。(2020/6/25)

楽天ペイなら計26.5%還元 楽天ペイメントら3社が「マイナポイント」の詳細を案内
楽天グループの楽天カード、楽天ペイメント、楽天Edyの3社は、総務省が実施する「マイナポイント事業」における決済事業者として、各決済サービスで「マイナポイント」への申込受付を7月に開始する。3社は6月17日、各サービスサイトにてマイナポイント事業の特設ページを開設した。(2020/6/17)

Rakuten Linkアプリに「ニュース」と「ウォレット」機能が追加
楽天モバイルの「Rakuten Link」アプリが、アップデートで機能を拡充。新たに「ニュース」と「ウォレット」の機能が追加された。ニュースでは、新聞社やIT系メディアが配信するニュースを閲覧できる。ウォレットでは、楽天の決済・金融サービスにアクセスできる。(2020/6/16)

楽天ペイ、7月から「楽天キャッシュ」と「楽天ポイント」での支払いも1%還元対象に
7月1日から「楽天ペイ」のコード決済で、楽天ポイントと楽天キャッシュで支払った際にも、1%の楽天ポイントを還元する。楽天カードからのチャージで200円(税込み)につき1ポイント(0.5%)の還元と合わせ、最大で1.5%の還元を受けられる。楽天キャッシュで支払った際に1〜200ポイントを還元するキャンペーンも実施する。(2020/6/15)

楽天ペイアプリでSuicaを発行してみた どんな人にメリットがある?
楽天の決済サービス「楽天ペイ」にSuica機能が追加されて利用できるようになり、これまでよりも便利に使えるようになった。そこで楽天ペイでSuicaを使えるようにする際のポイントと、その活用についてご紹介しよう。(2020/6/12)

スマホ決済6月のキャンペーンまとめ PayPayは最大1000%還元、オンラインやコンビニで最大10%〜20%還元も
6月のコード決済キャンペーンも、「d払い」「PayPay」「au PAY」の3キャリア陣営によるものが多い。PayPayは抽選で決済金額の最大10倍(1000%)のPayPayボーナスを付与するキャンペーンを展開している。au WALLET ポイントがPontaに統合されたり、楽天ペイアプリからSuicaを発行可能になったりと、キャンペーン以外での動きも多い。(2020/6/8)

18サービスに対応したコード決済統一規格「JPQR」、6月22日に受付開始
総務省はコード決済の統一規格「JPQR」普及に向け、6月22日から導入店舗のWeb申し込みを受付開始する。「LINE Pay」や「メルペイ」など18サービスに対応し、それぞれの加盟店手数料も公開した。(2020/6/5)

18種の“○○Pay”に対応 統一QRコードを導入したい店舗のWeb受付開始 加盟店手数料も公開
総務省が、主要なキャッシュレス決済サービスに対応したQRコードの統一規格「JPQR」のWeb受付を22日に開始する。導入を希望する全国の店舗から申し込みを受け付け、「LINE Pay」や「メルペイ」など計18サービスを一括で申し込みできる。各決済サービスの加盟店手数料も公開した。(2020/6/5)

au PAYに統合された「Ponta」を使ってみた Apple Payなら還元率と利便性が向上
「au WALLETポイント」と「Ponta」のポイントサービスが統合される。今後はau PAYでPontaを利用することになるが、その統合方法やメリットを解説する。(2020/6/4)

楽天ペイを初めて使うと5%還元キャンペーン 6月30日まで
楽天ペイメントは、5月25日にキャンペーン「初めての楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元」を開催。スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を初めて利用するユーザーが対象で、対象店舗はテークアウトも含む導入全店舗。(2020/5/25)

発表から1年弱:
楽天ペイ(アプリ決済)が「Suica」機能を実装 Android版のみ
楽天ペイ(アプリ決済)にSuica機能を追加する――発表から1年近くたって、ようやく実現した。現時点ではAndroid版アプリ限定となる。(2020/5/25)

楽天ペイとSuicaが連携開始 楽天カードからチャージも可能
楽天ペイメントとJR東日本は5月25日、楽天ペイ内でSuica機能を利用できる連携を開始した。(2020/5/25)

石野純也のMobile Eye:
auのポイントに「Ponta」を取り込む狙いは? 課題はオンライン決済か
5月21日に、auのポイントプログラムがPontaに統合された。従来のau WALLETポイントは廃止になり、今後は、携帯電話回線の通信費や各種サービス利用料からの還元も、Pontaで行われる。ポイントプログラムを刷新したKDDIの狙いは会員基盤の強化にある。その詳細を見ていこう。(2020/5/23)

楽天の第1四半期決算、241億円の赤字 MNO事業の投資が負担に “送料込みライン”は8割が導入
楽天が2020年第1四半期の連結業績を発表した。売上高は前年同期比で20%近く成長したものの、楽天モバイルへの投資がかさみ、営業損益は241億円の赤字となった。(2020/5/13)

スマホ決済5月のキャンペーンまとめ 3キャリア陣営だけでなく楽天やLINEも参戦
5月のスマホ決済キャンペーンも、「d払い」「PayPay」「au PAY」の3キャリア陣営によるものが多い。新型コロナウイルスの感染拡大によって、街中での決済利用を促進するキャンペーンは以前よりも減っている。5月から「LINEポイントクラブ」が始まった他、「楽天ペイ」もゴールデンウイーク総額100万ポイント山分けキャンペーンを行っている。(2020/5/9)

コード決済の統一規格「JPQR」、店舗提示型が全国で本格運用
キャッシュレス推進協議会は、4月27日にコード決済の統一規格「JPQR」(店舗提示型コード決済)の本格運用を開始。あわせて、JPQRの一方式として「請求書払い」を新たに規定した。(2020/4/28)

1つで13事業者のコード決済に対応できる統一QRコード「JPQR」全国でスタート 請求書払いも統一
経済産業省は、JPQRに準拠した店舗掲示型決済コードの本格運用を始めた。QRコード決済を導入する店舗は、JPQR準拠のコードをレジ置くだけで、13種のQRコード決済に対応できる。(2020/4/27)

モバイル決済の裏側を聞く:
毎週10億円還元キャンペーンの効果は? KDDIに聞く「au PAY」の強みと課題
2月10日から3月29日にわたって毎週10億円という規模でポイント還元を実施したau PAY。運営するKDDIはキャンペーンで知名度を上げたが、コード決済では後発と言ってもいい。先行するPayPayやd払いに対する強みはどこにあるのか。(2020/4/21)

ケンタッキーフライドチキンが「コード決済」を順次導入 「LINE Pay」「メルペイ」などが利用可能に
ケンタッキーフライドチキンが、4月16日からコード決済を順次導入する。全国の1023店舗で「LINE Pay」「メルペイ」「d払い」「au PAY」「PayPay」などが利用できるようになる。(2020/4/16)

ファミマがメルペイ導入 メルカリでのFamiPay決済も可能に
ファミマが「メルペイ」に対応。3月31日から全国の約1万6600店舗に導入する。6月下旬をめどに、「FamiPay」を「メルカリ」でも利用できるようにする。(2020/3/30)

ドスパラ、楽天PAY決済でポイントが倍になる“ポイント2倍キャンペーン” 3月31日まで
ドスパラは、楽天PAY決済利用者を対象とした「エントリー&楽天ペイ支払いでポイント2倍キャンペーン」を開始した。(2020/3/26)

J.D.パワーのコード決済満足度調査 PayPayは1位を維持、au PAYが2位に躍進
J.D.パワーは、3月19日に「2020年前期 QRコード・バーコード決済サービス顧客満足度調査」の結果を発表。1位は2回連続で「PayPay」、2位は「au PAY」、3位は「楽天ペイ」となった。(2020/3/20)

サポート品質が優れているスマホ決済は? HDI-Japanが格付け結果を発表
HDI-Japanは、3月5日にキャッシュレス業界を対象としたWebサポート/問合せ窓口の格付け結果を発表した。Webサポートでは「PayPay」が三ツ星を獲得した一方、問合せ窓口は低評価となる傾向が見られた。(2020/3/5)

LINE Payも後日対応:
デイリーヤマザキがコード決済を導入 2月28日から「PayPay」「楽天ペイ」が利用可能に
山崎製パンが、コンビニエンスストア事業においてコード決済を導入する。「デイリーヤマザキ」「ニューヤマザキデイリーストア」「ヤマザキデイリーストアー」の店舗で、「PayPay」「楽天ペイ(アプリ決済)」「LINE Pay」を順次利用できるようになる。(2020/2/26)

「返金して」──au PAYの還元の条件変更に批判 ユーザーや店員から不満の声
キャンペーンで得られる1日当たりの還元額が減少したことで、au PAYユーザーや加盟店の店員から不満の声が上がっている。何が問題となるのか。(2020/2/21)

三井住友カード、国内コード決済をまとめて導入できる「stera code」提供
三井住友カードは、2月21日に国内コード決済の取り扱いをまとめる事業者向けサービス「stera code」提供を発表。「LINE Pay」「楽天ペイ」「d払い」「PayPay」「メルペイ」「au PAY」「ゆうちょPay」「Bank Pay」に対応する予定だ。(2020/2/21)

キャッシュレス利用で最大5000円を付与 PayPayやSuicaなどがマイナポイント事業の対象に
総務省は、2020年9月〜2021年3月まで実施するマイナポイント事業に参画するキャッシュレス決済事業者を発表した。2月19日の時点で21の決済サービスが対応している。マイナンバーの所有者が対象の決済サービスを登録し、チャージや決済をすると、その25%のマイナポイントを取得できる。(2020/2/19)

マイナンバーカードでポイント還元、「PayPay」「Suica」などと連携
総務省は、マイナンバーカードを活用したポイント還元制度について、ポイントの還元先になる決済サービスの一覧を発表。現時点では「PayPay」「Suica」など21種類が対象。3月末まで、参加する決済事業者を受け付ける。(2020/2/19)

Mobile Weekly Top10:
「TCL」ブランドのスマホが日本上陸/楽天ペイが「Edy」を統合(Android版のみ)
Alcatel(アルカテル)やBlackBerryからライセンス供与を受けて、両ブランドのスマートフォンを販売してきたTCL。そんな同社が自らのブランドを冠したスマホを日本で発売しました。取り扱うのは、BlackBerryブランドのスマホを日本に導入したFOXです。(2020/2/13)

「PayPay」などのスマホ決済で同時に障害発生 原因は日本ユニシス系ゲートウェイの不具合
スマホ決済アプリ「PayPay」や「LINE Pay」などで、一部の加盟店でコード決済が使用できない障害が発生している。原因はネットワーク事業者における障害としている。(2020/2/12)

楽天、ビジネスモデルに亀裂 競争激化で無料化決断
楽天が通販サイト「楽天市場」で予定する送料無料の統一基準の導入をめぐり、10日に公正取引委員会から立ち入り検査を受けたことは、三木谷浩史会長兼社長が築いてきたビジネスモデルに走った亀裂の深刻さを示している。(2020/2/12)

「楽天ペイ」が「楽天Edy」と連携 Edyの残高チャージなど可能に 当初はAndroid版のみ
「楽天ペイ」に、電子マネー「楽天Edy」の機能が搭載。楽天Edyの利用登録や、「楽天スーパーポイント」「楽天カード」を利用した残高チャージが可能になった。当初はAndroid版のみ対応する。(2020/2/6)

楽天ペイ(アプリ決済)が「楽天Edy」機能を実装 Android版のみ
Android版の「楽天ペイ(アプリ決済)」アプリで、おサイフケータイ用「楽天Edy」を直接扱えるようになった。アプリ内からカードを新規発行できる他、ポイントチャージやクレジットチャージ(制約あり)なども利用できる。既に発行済みのおサイフケータイ用楽天Edyを使うことも可能だ。(2020/2/6)

ドコモとメルカリが提携する狙いとは? 背後に「ヤフーとLINE」「KDDIとローソン」の脅威
NTTドコモ、メルカリ、メルペイが業務提携を正式発表。5月に会員サービス「dアカウント」「メルカリID」を連携させ、以降はキャッシュレス決済とポイントサービスの分野で協業する。その狙いと背景とは?(2020/2/4)

すかいらーくホールディングスがコード決済導入 まずはガスト全店舗から
すかいらーくホールディングスが、2月4日から「ガスト」全店舗(約1340店)でコード決済を導入する。利用できるのは「PayPay」「d払い」「楽天ペイ」「LINE Pay」「メルペイ」「Alipay」「WeChatPay」。「ジョナサン」「バーミヤン」をはじめとする他店舗にも順次導入する。(2020/2/4)

楽天ペイ・楽天カードがシステム障害 一時、決済ができなくなるトラブルが発生
「現在は復旧している」とのこと。(2020/2/4)

郵便局がキャッシュレス決済を導入 コード決済も利用可能
郵便局の郵便窓口が、2月3日にキャッシュレス決済へ対応。 郵便料金や切手などの購入、物販商品の支払いにクレジットカード、非接触決済、コード決済を利用できるようになる。(2020/2/3)

5Gは「ARPU上げる」 楽天モバイルは「スカスカ」 決済は「連携」が重要――KDDI高橋社長一問一答(2019年第3四半期決算編)
KDDIが2019年度第3四半期の連結決算を公表した。それに伴い、報道関係者向けの決算説明会が開催された。この記事では、報道関係者と高橋誠社長の主なやりとりを紹介する。(2020/1/31)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。