ニュース
» 2019年07月05日 18時54分 公開

ソニー、ノイズキャンセリング機能に注力したワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM3」発売

ソニーが、完全ワイヤレスのBluetoothイヤフォン「WF-1000XM3」を7月13日に発売する。同社が「業界最高クラス」をうたうノイズキャンセリング機能を搭載する。ソニーストアでの価格は2万5880円(税別)。

[田中聡,ITmedia]

 ソニーが、完全ワイヤレスのBluetoothイヤフォン「WF-1000XM3」を7月13日に発売する。市場想定価格は2万6000円(税別)前後。ソニーストアでの価格は2万5880円(税別)。カラーはプラチナシルバーとブラック。

WF-1000XM3 ソニーのワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM3」(プラチナシルバー)
WF-1000XM3 こちらはブラック

 WF-1000XM3は、ノイズキャンセリング機能に注力したワイヤレスイヤフォン。ソニーが独自に開発した「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e」や、外側と内側にある2つのセンサーがノイズを集音する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を搭載。耳の3点で本体を支える構造や、イヤピースの根元側に高摩擦のラバーを採用することで密閉性を高め、耳元に漏れ込む騒音も低減するという。

 ソニーは「完全ワイヤレス型では業界最高クラス(※JEITA基準にのとったソニー調べ)のノイズキャンセリング性能を達成した」とアピールする。

 CD音源、MP3などの圧縮音源、音楽や動画などの配信サービスを含む音源をハイレゾ相当に変換する「DSEE HX」もサポート。

 新型のBluetoothチップには、左右の本体それぞれに同時伝送する方式を採用した他、アンテナを最適化することで接続が安定し、動画視聴時の映像と音声のずれも低減したという。

 バッテリーは本体のみで約6時間、付属のケースで3回充電すると合計24時間の音楽再生が可能。急速充電にも対応しており、10分間の充電で90分の再生が可能。

WF-1000XM3 付属の充電ケース

 本体の左右に搭載したタッチセンサーにより、音楽再生や一時停止などの操作をしたり、一時的に音量を絞って周囲の音を聞き取りやすくする「クイックアテンションモード」を起動したりできる。タッチセンサーで操作できる機能は、スマホアプリ「Headphones Connect」上でカスタマイズでき、Google アシスタントやSiriの呼び出しも可能。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう