ニュース
» 2019年07月08日 12時30分 公開

レノボがGoogleアシスタント対応スマートディスプレイを2機種発表 7月19日発売

LenovoのGoogleアシスタント対応スマートディスプレイ2製品が、日本に上陸。コンパクトで1万円を切る価格の「Lenovo Smart Clock」と、10.1型液晶を搭載しカメラを使ったビデオ通話にも対応する「Lenovo Smart Display M10」の2機種が登場する。7月9日から販売予約を受け付け、同月19日に発売される。

[井上翔,ITmedia]

 レノボ・ジャパンは7月19日、Googleの音声エージェント「Googleアシスタント」に対応するスマートディスプレイ「Lenovo Smart Clock」「Lenovo Smart Display M10」を発売する。直販価格はSmart Clockが9100円、Smart Display M10が2万2800円(共に税別)で、7月9日から販売予約を受け付けている。

新製品 Lenovo Smart Clock(左)とLenovo Smart Display M10(右)

Lenovo Smart Clock

 Lenovo Smart Clockは、枕元での利用を想定したコンパクトな「スマートクロック」。4型IPS液晶と3W出力のフルレンジスピーカーと低音を強調するデュアルパッシブラジエーターを備えている。

Lenovo Smart Clock Lenovo Smart Clock

 Googleから発売されている「Google Nest Hub」と同様に、一言話しかけると複数の操作をまとめて行える「ルーティン機能」に対応し、光センサーによる画面輝度の自動調整もできる。ショックセンサーにより、本体を“たたく”ことでアラームを止めることも可能。

 枕元でのスマートフォンの充電を想定し、本体背面にはUSBポートを備えている。

正面と背面 背面にはUSBポートを搭載。スマホの充電に使える

Lenovo Smart Display M10

 Lenovo Smart Display M10は、10.1型IPS液晶を搭載するスマートディスプレイ。10W出力のフルレンジスピーカーとデュアルパッシブラジエーターを備え、ホームオーディオとしても十分な音質を確保している。

Lenovo Smart Display M10 Lenovo Smart Display M10

 Google Nest Hubとアプリケーション互換性があるため、同デバイスで使える各種サービスも利用できるようになっている。また、インカメラを備えていることからビデオ通話も可能。カメラを使わない場合は物理的なシャッターで遮ることもできる。

 なお、ビデオ通話をする場合に限り本体を縦置きして使うこともできる。

縦置き ビデオ通話する場合に限り縦置き可能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう