今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年07月10日 18時20分 公開

PayPay残高の名称や有効期限が変更 「PayPayマネー」は出金も可能に

PayPayは、2019年7月29日からPayPay残高の名称や有効期限などを変更する。「PayPayライト」は「PayPayマネーライト」に、「PayPayボーナスミニ」は「PayPayボーナスライト」に名称を変更する。9月30日以降、「PayPayマネー」から出金も可能になる予定。

[田中聡,ITmedia]

 PayPayは、2019年7月29日からPayPay残高の名称や有効期限などを変更する。

 「PayPayライト」は「PayPayマネーライト」に、「PayPayボーナスミニ」は「PayPayボーナスライト」に名称を変更する。9月30日以降は、新たに「PayPayマネー」も設ける。

 PayPayマネーライトは、銀行口座などからチャージした残高や、「ヤフオク!」の売上金チャージによる残高。つまり現在のPayPayユーザーがチャージした残高。払い出しはできない。

 PayPayマネーは、PayPayにYahoo!マネー事業を統合する2019年9月30日(予定)以降、払い出し(出金)が可能になる残高で、利用するには本人確認が必要。9月30日以降に銀行口座などからチャージした残高はPayPayマネーになるが、現在保有しているPayPayライト(PayPayマネーライト)は、9月30日以降も払い出しできない。本人確認をどのように行うかの詳細は未定。

 PayPayマネーとPayPayマネーライトには、送金や割り勘の機能もある。有効期限はPayPayライトは5年間だが、7月29日以降は無期限になる。

 PayPayボーナスとPayPayボーナスライトは、キャンペーンなどで付与される残高で、送金や割り勘、払い出しはできない。PayPayボーナスの有効期限は2年間だが、7月29日以降は無期限になる。PayPayボーナスライトの有効期限は60日間。

 なお、PayPayボーナスライトの現名称であるPayPayボーナスミニは、まだ運用されていない。2019年8月から期間固定TポイントをPayPayボーナスとPayPayボーナスミニに変更することを発表していたが、一度も運用されることなくPayPayボーナスライトに変更される形となった。

PayPay PayPay残高の種類

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう