ニュース
» 2019年07月30日 18時46分 公開

「自転車NAVITIME」、アップデートで検索道路が従来の4倍&トンネル側道も対象に

ナビタイムジャパンが自転車専用ナビゲーションアプリ「自転車NAVITIME」をアップデート。GPU技術を活用して一度に検索できる道路対象が従来の4倍に増加した他、大きく迂回(うかい)するルートを表示していたトンネル側道も対象となった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ナビタイムジャパンが、自転車専用ナビゲーションアプリ「自転車NAVITIME」を、7月30日にアップデートした。

 自転車経路はサイクリングロードや自転車専用道など自転車特有の情報を含むため、車や徒歩に比べてデータ量が多い。特に中長距離のルートだと広範囲の地図を短時間で検索する代わりに、進行方向へ走行可能なトンネル側道があっても大きく迂回(うかい)するルートを示すなど、検索対象の地図階層データや階層内の一部道路を制限することがあった。

 今回の経路探索エンジン更新で、GPU技術を活用した地図階層データの同時並列処理を実現。より小道やサイクリングロードに沿ったルート検索が可能となり、一度に検索できる道路対象が従来の4倍に増加した。また、トンネル側道もルート対象となり、より多様なルートを選択できるようになった。GPUの処理技術は米国NVIDIAの技術で、経路探索でのGPU活用は日本で初。

「自転車NAVITIME」技術イメージ 技術イメージ
「自転車NAVITIME」活用イメージ 活用イメージ
photo
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう