ニュース
» 2019年08月15日 19時05分 公開

慶應義塾とYahoo! JAPAN、AIを活用した最適なプッシュ通知の実用化を達成 通知の開封率が最大60%超向上

慶應義塾とYahoo! JAPAN研究所が、AIを活用したプッシュ通知の最適タイミング検知技術を共同研究し、Android版「Yahoo! JAPAN」アプリで効果実証と実用化を達成した。通知の開封率は、最大で60%超の向上を見せたという。

[エースラッシュ,ITmedia]

 慶應義塾大学環境情報学部(SFC)が、アプリのプッシュ通知においてAI(人工知能)を活用して最適なタイミングを検知する技術を開発し、実際のアプリにおいて効果があることが証明されたと発表した。

慶應義塾大学とYahoo! JAPAN研究所が共同研究した、AIを活用したプッシュ通知の最適タイミング検知技術の実用化達成を発表 AIを活用したプッシュ通知の最適タイミング検知技術の実用化達成を発表

 今回の技術は、SFCの中澤仁教授の研究室に所属する大越匡特任准教授らとヤフーの「Yahoo! JAPAN研究所」と共同で研究・開発が進められたもの。スマートフォン上のセンサーデータと機械学習ベースのAI技術を用い、スマホのプッシュ通知を開封しやすいタイミングを推定する技術を継続的に改良してきた。このタイミングはユーザーの情報受信の心理負荷を下げ、プッシュ通知が開封されやすくなり、サービスへのエンゲージメントを高める効果があるとしている。

 研究を通して推定されたタイミングをベースに、Android版「Yahoo! JAPAN」アプリ上で効果を検証した結果、2017年に発表された前の技術と比べて10倍以上となる最大60%超の開封率向上効果、パーソナライズされた通知コンテンツ配信時の効果向上、緊急地震速報といった速報ニュース配信で効果を得ることができたという。

 この研究成果は、2019年8月4日〜8日に米国アラスカ州アンカレッジで開催されたカンファレンス「KDD 2019 (The 25th ACM SIGKDD International Conference on Knowledge Discovery & Data Mining) 」で発表されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう