ニュース
» 2019年08月20日 15時00分 公開

「ZenFone 6」が国内上陸 180度回転するフリップカメラ搭載、約7万円から

ASUS JAPANが8月20日、最新スマートフォン「ZenFone 6」を8月23日から順次国内で発売する。180度回転するフリップカメラを搭載しており、アウトもインも同じ画質で撮影できる。価格(税別)は128GBモデルが6万9500円、256GBモデルが8万2500円。

[田中聡,ITmedia]

 ASUS JAPANが8月20日、最新スマートフォン「ZenFone 6(ZS630KL)」の国内投入を発表。8月23日に発売する。価格(税別)は128GBモデルが6万9500円、256GBモデルが8万2500円。カラーはトワイライトシルバーとミッドナイトブラックの2色。なお、トワイライトシルバーの8GBモデルのみ、8月30日発売となる。

ZenFone 6 「ZenFone 6(ZS630KL)」のトワイライトシルバー
ZenFone 6 ミッドナイトブラック

 ZenFone 6は、カメラやパフォーマンスに注力した最新のフラグシップスマートフォン。海外では2019年5月に発表されており、日本での発売も期待されていた。

 基本的なスペックは海外モデルと共通している。最大の特徴といえるのが、電動駆動のフリップカメラだ。通常はアウトカメラとして背面に収納されているが、インカメラに切り替えると、カメラ部分が回転し、ディスプレイの上にカメラが現れる。つまりアウトカメラとインカメラ、どちらも同じカメラを使っており、セルフィーもアウトカメラの画質で撮影できる。顔認証をする際も、カメラが素早く回転して立ち上がり、認証が終わると自動で背面に収納される。

ZenFone 6 背面のカメラが180度くるっと回転してインカメラとしても使える

 撮影中、カメラは180度の範囲で自由にアングルを調整でき、画面のカメラアイコンをスワイプするか、ボリュームキーを押すとカメラが動く(指で動かす方法は推奨されない)。カメラを90度以内で回転させた状態のまま撮影者が立てば、カメラが下を向くため、目線を低くする必要のある子どもやペットなどが撮影しやすくなる。なお、カメラが回転したまま端末を落とすと、自動で収納される保護機能も搭載している。カメラは1万回の回転に耐えられるよう設計されているという。

ZenFone 6 カメラの角度を調整して固定できる

 カメラは有効約4800万画素のメインカメラと有効約1300万画素の超広角カメラで構成される。メインカメラのセンサーサイズは1.6nm、F値は1.79、最大8倍のデジタルズームに対応する。背景をぼかして撮影できるポートレートモードも利用できる。超広角カメラは125度の画角を持ち、ゆがみを自動で補正する機能も備える。F値は2.4。

 動画撮影は4K 60fpsまで可能で、3軸の電子式手ブレ補正にも対応している。ASUSによると、4K 60fps+電子式手ブレ補正で自分撮りができるのはZenFone 6が初だという。フリップカメラを動かしながら、スマホ本体を動かすことなく、180度のパノラマ撮影が可能な「オートパノラマ」もZenFone 6ならではの機能だ。フリップカメラが自動で動いて被写体にフォーカスを合わす「モーショントラッキング」も利用できる。アウトカメラとインカメラで使える機能はほぼ同じで、インカメラでもポートレートモードや夜景モードを利用できる。

 ディスプレイは6.4型のフルHD+(1080×2340ピクセル)のIPS液晶を搭載。前面にインカメラを搭載していないため、上部にはノッチ(切り欠き)がなく、ほぼベゼルのないデザインを実現。画面占有率は約92%となっている。強化ガラスとして「Corning Gorilla Glass6」を採用している。

 プロセッサはQualcommのSnapdragon 855を採用しており、パフォーマンスを最適化する「AIブースト」を有効にすることで、さらに10%の性能アップを実現する。メインメモリとストレージは6GB/128GBと8GB/256GBの2種類がある。サイズは75.4(幅)×159.1(高さ)×8.4〜9.1(奥行き)mm、重量は190g。OSはAndroid 9.0をプリインストールしている。

 バッテリーは5000mAhのものを内蔵しており、約789時間の連続待ち受け(VoLTE)、約2250分の連続通話(VoLTE)、約23.5時間のWi-Fiブラウジングを可能としている。急速充電の「Quick Charge 4.0」や、ケーブル接続することで他のデバイスを充電できる「リバースチャージ」にも対応している。ワイヤレス充電には対応していない。外部接続端子はUSB Type-Cで、3.5mmのイヤフォンジャックも備える。AMラジオの番組がFMでも聴けるワイドFMにも対応している。

 最近のハイエンドスマホでは珍しく、SIMカードスロット2つと、microSDスロットを独立して配備しており、2枚のSIMとmicroSDを同時に利用できる。SIMはDSDV(デュアルSIM、デュアルVoLTE)に対応しており、国内ではNTTドコモ、au、ソフトバンク(Y!mobile含む)のデータ通信やVoLTEを利用できる。背面には指紋センサーを、側面にはGoogleアシスタントをワンタッチで呼び出せる「スマートキー」を搭載する。

ZenFone 6 左側面にSIM+microSDスロット、右側面にサイドキーがある
ZenFone 6 本体は全体的に丸みを帯びている

写真で見る「ZenFone 6」

ZenFone 6 ZenFone 6の実機(トワイライトシルバー)と主なスペック
ZenFone 6 正面
ZenFone 6 背面
ZenFone 6 普段のフリップカメラは背面に収納されている
ZenFone 6 インカメラに切り替えると、ウィーンという起動音とともにカメラが180度回転して立ち上がる
ZenFone 6
ZenFone 6 カメラアイコンやボリュームキーからカメラの角度を調節できる
ZenFone 6 背面に指紋センサーを備える
ZenFone 6 ノッチのない狭額縁設計
ZenFone 6 カメラのパーツが目立つ上部
ZenFone 6 下部に3.5mmイヤフォンジャックやUSB Type-C端子を備える
ZenFone 6 左側面にSIMスロット+microSDスロットを備える
ZenFone 6 右側面にスマートキー、ボリュームキー、電源キーを備える
「ZenFone 6」の主な仕様
機種名 ZenFone 6
メーカー ASUS
OS Android 9.0
プロセッサ Snapdragon 855
メインメモリ 6GB/8GB
ストレージ 128GB/256GB
外部メモリ microSDXC(最大2TB)
ディスプレイ 約6.4型フルHD+ IPS液晶
解像度 1080×2340ピクセル
バッテリー容量 5000mAh
カメラ 有効約4800画素CMOS(メイン)+有効約1300万画素(超広角)
ボディーカラー トワイライトシルバー、ミッドナイトブラック
サイズ 約75.4(幅)×159.1(高さ)×8.4〜9.1(奥行き)mm
重量 約190g
対応バンド FDD-LTE:1、2、3、4、5、7、8、18、19、26、28
TD-LTE:38、39、41、46
W-CDMA:1、2、3、4、5、6、8、19

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう