世界を変える5G
ニュース
» 2019年08月27日 18時00分 公開

KDDIと横浜DeNAベイスターズ、5GやIoTを活用した「スマートスタジアム」で協業

KDDIと横浜DeNAベイスターズは、8月27日に5GやIoTを活用した「スマートスタジアム」の構築に向けたパートナーシップ契約を締結。スマホ決済サービスなどスタジアムでの利便性向上をはじめ、5GとXRや自由視点を組み合わせて新たな野球観戦の提供を目指す。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIと横浜DeNAベイスターズは、8月27日に5GやIoTを活用した「スマートスタジアム」の構築に向けたパートナーシップ契約を締結した。

KDDIと横浜DeNAベイスターズがスマートスタジアム」の構築に向けたパートナーシップ契約を締結 KDDIと横浜DeNAベイスターズがスマートスタジアム」の構築に向けたパートナーシップ契約を締結

 横浜DeNAベイスターズと横浜スタジアムは、野球をきっかけにコミュニケーションを育み、地域のランドマークを目指す「コミュニティボールパーク」化を構想しており、KDDIは5GやIoTでサポート。試合開始前後や野球のシーズンオフ期間も楽しめるような取り組みを行い、横浜スタジアムが地域のランドマークとなるよう推進していく。

 両社は2020年春以降、スマホ決済サービスなどスタジアムでの利便性向上をはじめ、5GとXRや自由視点を組み合わせた映像テクノロジーを活用し、好きな視点でリプレイ視聴できる新たな野球観戦の提供を目指す。

 また、KDDIは横浜DeNAベイスターズ協力のもと、8月27日から9月下旬までプロ野球開催日に横浜スタジアム内外へ「デジタルサイネージ」を設置。利用者はスタジアム内外の飲食店・グルメ情報や横浜DeNAベイスターズグッズショップの情報をリアルタイムに確認できるようになる。

横浜スタジアム内外へ「デジタルサイネージ」を設置 「デジタルサイネージ」を設置

 さらに、9月18日〜9月21日にはAR技術を活用した回遊施策「ARスタンプラリー」を開催。KDDIが提供するARコンテンツの作成・再生が楽しめるアプリ「SATCH」を利用し、横浜スタジアム内のスポットに設置したARスタンプマーカーをすべて集めると抽選でサインボールがプレゼントされる。

横浜スタジアム周辺で「ARスタンプラリー」を開催 「ARスタンプラリー」を開催

 この他、今シーズンの横浜スタジアムの立ち売り販売員・場内店舗でQRコード決済「au PAY」、各種電子マネーやクレジットカードを利用可能にする。横浜スタジアム内と周辺のau PAY加盟店ではキャンペーンも行う。期間は9月3日〜9月下旬で、横浜スタジアム内はプロ野球開催日のみ実施となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう