ニュース
» 2019年08月28日 17時25分 公開

KDDIと名古屋グランパスエイト、新たなサッカー観戦体験の実現に向けたパートナーシップを締結

KDDIと名古屋グランパスエイトが、新たなサッカー観戦体験の実現に向けた戦略的イノベーションパートナーシップを締結した。5GやXR、IoTを活用して豊田スタジアムや名古屋グランパスのホームスタジアムでさまざまな取り組みを実施する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIと名古屋グランパスエイトは8月28日、戦略的イノベーションパートナーシップを締結したことを発表した。2020年春以降、5GやXR、IoTを活用し、豊田スタジアムをはじめとする名古屋グランパスのホームスタジアムで、新たなサッカー観戦体験の実現に向けて取り組んでいく。

KDDIと名古屋グランパスエイトが戦略的イノベーションパートナーシップを締結 KDDIと名古屋グランパスエイトが戦略的イノベーションパートナーシップを締結

 両社はスタジアム来訪者に向け、試合開始までの待ち時間をXRで選手とコミュニケーションを図れる時間にする他、自由視点カメラを活用した新しいスタジアム体験を提供。また、飲食店の注文やグッズ販売、トイレなど混雑する場での待ち時間をキャッシュレス決済やIoTの活用で短縮していく。

豊田スタジアム 豊田スタジアム
名古屋グランパスエイトの試合の様子 名古屋グランパスエイトの試合の様子

 名古屋グランパスは今シーズンからホーム開催全試合での冠イベントの開催、ファミリーへのおもてなし施策の実施、豊田スタジアムでのWi-Fiサービス提供、「鯱の大祭典」開催など、スタジアムでの体験価値最大化を取り組んでいる。

 KDDIは2018年6月に沖縄セルラースタジアム那覇で5G環境下での自由視点映像のリアルタイム配信に成功するなど、通信とテクノロジーを活用した新たな観戦体験を創造している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう