ニュース
» 2019年08月28日 17時30分 公開

バーチャルと現実が重なる――KDDIなどが共同で「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」実証実験 9月12日始動

渋谷区観光協会、渋谷未来デザイン、KDDIは、9月12日に「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」を始動。同日からARとVPSを技術を活用し、バーチャルな渋谷を現実の渋谷に重ね合わせるDXの実証実験を行う。

[エースラッシュ,ITmedia]

 渋谷区観光協会、渋谷未来デザイン、KDDIは9月12日から「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」を始動する。プロジェクトでは、5G時代を見据えた「渋谷の街をエンターテインメントとテクノロジーでアップデートする」をテーマに、渋谷の魅力を発見・発信していく。

渋谷エンタメテック推進プロジェクト 渋谷エンタメテック推進プロジェクト

 本プロジェクトの第1弾として、都市回遊型イベント「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2019」に合わせてデジタル情報を持った「バーチャルな渋谷」を「現実の渋谷」に重ね合わせる「デジタルトランスフォーメーション (DX)」の実証実験を行う。

 実験ではARとVisual Positioning Service技術を活用し、専用アプリを搭載したスマートフォンを渋谷の街にかざすと飲食店情報などをARで表示。さらに空中を浮遊するさまざまなオブジェクトが街を彩り、能動的にスクランブル交差点の先を回遊したくなる仕組みづくりを目指すという。

専用アプリから見た渋谷スクランブル交差点のイメージ図 専用アプリから見た渋谷スクランブル交差点のイメージ図

 2020年1月以降は渋谷駅を中心に主要な建物や通りを順次5Gエリア化していく予定。今後も本プロジェクトは渋谷で行われるさまざまなイベントを活用し、新たなビジネスモデルの創出を行う。多数の企業・団体が参画できるプラットフォームの構築、クリエーターやアーティスト支援なども行い、渋谷の街をエンターテインメントとテクノロジーでアップデートしていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう