ニュース
» 2018年10月04日 18時03分 公開

KDDI、札幌ドームでARグラスを用いたプロ野球観戦の実証実験

KDDIは、札幌ドームでARグラスグラス「R-9」を用いた野球観戦の実証実験に成功。スタッツ情報や中継映像、実況・解説音声のリアルタイム配信をARで表示するという新しい体験を提供する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIは、10月2日に札幌ドームでARグラス「R-9」を用いた野球観戦の実証実験を行った。

Photo 実際の実証実験の様子

 Osterhout Design Groupが開発した「R-9」を30人の一般来場者に無償で貸し出し、「野球観戦」とスタッツ情報や中継映像、実況・解説音声の「リアルタイム配信」を重ね合わせて表示。R-9のカメラから実際の球場で特長点を抽出して、視聴者が見ている座席位置を推定し、座席位置から見えるグラウンドに合わせて情報を3次元に可変させて重ね合わせている。

 表示した情報は、プレイ中の打者・投手ごとの個別対戦成績、1球ごとの球種・コース・球速・結果と打者のホットゾーン、打席の結果や盗塁など試合で起こった直前の事象のテキスト速報、イニングスコアボード、MR(Mix Reality)形式の方向別打率。実証実験で使うデータはデータスタジアムが提供し、実証実験に参加したユーザーの声を通じて商用化に向けて検証していく。

PhotoPhoto スタッツモード(写真=左)、フィールドモード(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう