ニュース
» 2019年09月06日 19時05分 公開

プーマ初のスマートウォッチ登場 Wear OS搭載の軽量モデル

フォッシルジャパンは、プーマ初のスマートウォッチ「PT9100」「PT9101」「PT9102」を発表。Googleの「Wear OS」やQualcommの「Snapdragon Wear 3100」を搭載し、約28gという軽量モデルに仕上がっている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 フォッシルジャパンは、プーマ(PUMA)ブランド初のスマートウォッチ「PT9100」「PT9101」「PT9102」を発表した。価格は3万2000円(税別)で、発売は11月を予定する。取り扱いはpuma.com、Time+Style、WATCH STATION INTERNATIONAL、時計専門店で行う。重量は28g(ケースのみ)で、ケースは44mm。

プーマのスマートウォッチ「PT9100」 スマートウォッチ「PT9100」

 本製品はGoogleの「Wear OS」、Qualcommの「Snapdragon Wear 3100」を搭載。「Google Fit」でピラティス、ボート漕ぎ、回転運動や、プッシュアップなどの筋力トレーニングの回数などをトラッキング可能で、アクティビティゴールの変更や進捗(しんちょく)・達成状況の通知も行える。「ワークアウトモード」では継続的に心拍をトラッキングする。

 時間・日付・心拍を表示する「スコアカード」ダイアルなど、インタラクティブダイアルを数種類インストール。カスタマイズすればアクセスしたい情報をすぐ確認でき、SNSから写真をアップロードしてスマートウォッチのフェイスに設定することもできる。Google アシスタントも利用可能で、水泳にも耐える防水性能を備えている。

プーマのスマートウォッチ「PT9101」プーマのスマートウォッチ「PT9102」 PT9101(写真=左)、PT9102(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう