ニュース
» 2019年09月06日 21時35分 公開

いまだ全容が見えない「楽天モバイル」のMNOサービス 現状を整理する (1/3)

10月1日からMNO(携帯キャリア)としてサービスを開始する楽天モバイル。同社は9月6日に発表会を開催し、ついに全容が明らかになる……と思いきや、発表された主な内容は「プレサービス」と「端末」のみだった。発表会で明かされた内容をもとに、同社MNOサービスの現況を整理する。

[田中聡,ITmedia]

 10月1日からMNO(携帯キャリア)としてサービスを開始する楽天モバイル。同社は9月6日に発表会を開催し、ついに全容が明らかになる……と思いきや、発表された主な内容は「プレサービス」と「端末」のみだった。プレサービスでは何ができるのか? 本格サービスはいつ始まるのか? 料金プランやエリアは? 懸念されている基地局の建設は順調に進んでいるのか? 発表会で明かされた内容をもとに、同社MNOサービスの現況を整理する。

楽天モバイル 9月6日にMNO事業に関する発表会を開催

5000人を対象とした「無料サポータープログラム」

 プレサービスとして10月1日に始めるのが、5000人を対象とした「無料サポータープログラム」だ。楽天の三木谷浩史社長によると、楽天モバイルが導入する完全仮想化ネットワークが安定して稼働するかどうかを確認するために、今回の措置を取ったという。同氏は、楽天のMNOサービスについて「ホップ・ステップ・ジャンプ」の3段階で提供することを述べていたが、その「ホップ」がこの無料サポータープログラムというわけだ。

楽天モバイル 楽天の三木谷浩史社長
楽天モバイル 10月1日にプレサービスとして「無料サポータープログラム」を開始する
楽天モバイル 無料サポータープログラムの対象やサービス内容

対象ユーザーは? 何ができる?

 対象ユーザーは東京23区、大阪市、名古屋市、神戸市在住の18歳以上のユーザーに絞る。なお、神戸市のみKDDIのローミングを活用する。同プログラムでは国内通話やデータ通信、SMS、データローミングが使い放題となる。

抽選はどうやって行う?

 5000人を超えるユーザーが応募した場合、抽選をする形となる。抽選の方法は完全にフラットで、同社によると、楽天ダイヤモンド会員だからといって優先的に選ばれるなど、楽天サービスの利用状況に応じた恣意(しい)的な抽選はしないという。新規契約とMNPが対象なので、先述の条件を満たせば、誰でも応募できる。MVNOの楽天モバイルユーザーも、新規契約かMNPという形で応募することになる。

大容量通信の制限は?

 データ使い放題となると、大量に通信をするユーザーに対し、公平性の観点から通信を制限する場合があるが、無料サポータープログラムでは、現時点でそのような制限は設けていない。同社によると、大容量の通信をするユーザーがいることも加味して、5000人に絞って使い放題にしたという。

どうやって申し込む?

 無料サポータープログラムは、10月1日0時から7日21時59分まで、楽天モバイルWebサイト内の「無料サポータープログラム」申し込みページから申し込める。店頭での申し込みは受け付けていない。

 申し込んだユーザーに対しては、10月11日から順次、案内のメールを送付する。契約情報の登録と本人確認が完了したユーザーから、SIMカードと購入製品を送付する。

本サービスはいつから?

 無料サポータープログラムは、2020年3月31日の終了を予定しているが、ネットワークの安定稼働が確認されたら、前倒しで終了する可能性もある。「安定稼働の確認後、1カ月後に(本サービスが)始まるかもしれないし、年内いっぱいになるかもしれない」と三木谷氏は説明する。その後、ネット予約の受け付けを始め、最終的にリアル店舗での受け付けも対応する。リアル店舗は、楽天モバイルのMVNOサービスで使っている店舗をMNOでも展開する予定。

 つまり、遅くとも2020年4月1日には、MNOの本サービスが始まることになる。三木谷氏は「安定稼働は確信しているが、それができた段階で、可及的速やかにフルサービスインする」と話しているが、一刻も早くネットワークの安定性を確認して本サービスを始めてほしいものだ。

楽天モバイル ネットワークの安定性を確認した後に、オンラインや店舗での受け付けを始める
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう