ニュース
» 2019年09月09日 13時58分 公開

次期iPhoneはどうなる?:新型iPhoneはトリプルカメラ搭載で、超広角レンズが追加?

2019年に発売される新型iPhoneのうち、「Pro」の冠が付くモデルは、3つのカメラを搭載することが報じられている。従来の「広角レンズ」と「望遠レンズ」に、「超広角レンズ」が加わるという。さらに、AIで写真の失敗を自動で補正する機能も付くという。

[田中聡,ITmedia]

 2019年に発売される新型iPhoneは「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」(いずれも仮称)の3機種になることが予想されている。中でも「Pro」の冠が付く2機種は、トリプルカメラを搭載する見込みであることを、Bloombergが報じている

 実際、アクセサリーメーカーが発表している新型iPhoneのケースを見ると、3モデルとも、左上に正方形に近いカメラ穴(と思われるもの)が設けられている。カメラが1〜2つだけなら、ここまで大きな穴は不要。iPhone 11向けとされる、5.8型の新iPhone向けケースにも同様の穴が空いているので、3モデル全てがトリプルカメラを備える可能性もある。

新型iPhone Hameeの「iFace」ブランドの新型iPhoneケース。左上にカメラ用とおぼしき穴が空いている
新型iPhone こちらはiQLaboの新型iPhoneケース。新製品の画像とともにカメラの並びも示されている

 これまでのiPhoneは一部モデルで「広角レンズ」と「望遠レンズ」を搭載していたが、ここに「超広角レンズ」が加わるという。これら3つのレンズを組み合わせたカメラは既にAndroidのハイエンド機が続々と搭載しており、珍しさはあまりないものの、望遠と超広角の両方が撮影可能になれば、スマホカメラを楽しむシーンがさらに広がる。

新型iPhone 2018年のiPhoneは広角+望遠のレンズを搭載

 さらにBloombergの記事によると、3つのセンサーが同時に3枚の写真を撮影することで、AI機能が働き、写真から人物がはみ出てしまった……などの失敗を自動で補正することも可能になるという。また、新たなカメラシステムにより、超高解像度の写真を撮影できる他、暗所での画質がさらに向上するという。トリプルカメラ自体は珍しくないため、AI補正を始めとする、独自の進化に期待したい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう