ニュース
» 2019年10月31日 18時55分 公開

ブックオフ、24時間申し込める「宅配ボックス買取サービス」開始

ブックオフコーポレーションは、10月28日にマンションの宅配ロッカーを利用した「宅配ボックス買取サービス」を開始。ブックオフオンラインや公式アプリから買い取り申し込み後に「フルタイムロッカー」へ品物を投函(とうかん)すれば買取査定手続きが完了する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ブックオフコーポレーションは、10月28日に「宅配ボックス買取サービス」を開始した。

ブックオフコーポレーションの「宅配ボックス買取サービス」利用イメージ 「宅配ボックス買取サービス」利用イメージ

 フルタイムシステムと連携し、買い取ってもらう品物を「フルタイムロッカー」に預けることで、店舗に行かずに買い取り手続ができる。24時間無人預け入れと取り出しができ、フルタイムシステムが履歴管理や遠隔監視も行う。預けられる製品はバッグ、財布、デジタル家電、時計、ホビー、カメラ、本、CD・DVDなど。

 ブックオフ公式買い取り・販売サイト「ブックオフオンライン」やスマートフォンアプリから買い取り申し込み後にフルタイムロッカーへ品物を投函(とうかん)すれば、買い取り査定手続きが完了。店舗への来店や引き渡しのために在宅する必要がなく、24時間預け入れが可能だ。

 サービス開始時に利用可能なロッカーは全国の集合マンション157棟で、ネットワーク管理タイプのフルタイムロッカーが設置されているマンションであればシステム更新で利用できる。同社は2020年までに新築設置や、既存のロッカー設置マンション1000〜1500棟へ展開を図る予定。

ブックオフコーポレーションの「宅配ボックス買取サービス」サービス連携概要図 サービス連携概要図

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう