ニュース
» 2019年11月06日 14時36分 公開

「DiDiヒートマップ」を東京で先行提供 タクシー需要エリアをリアルタイムに表示

DiDiモビリティジャパンは、タクシー乗務員向けアプリへ「DiDiヒートマップ」機能を提供開始。過去のデータを基に、タクシー需要の見込みエリアとその需要の高さを色の濃淡でリアルタイム表示する。まずは東京エリアで先行し、大阪エリアなどにも順次展開する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 タクシー配車プラットフォームを運営するDiDiモビリティジャパンは、11月6日にタクシー乗務員向けアプリへ「DiDiヒートマップ」機能を提供開始した。

Photo タクシー向け「DiDiヒートマップ」,「DiDiヒートマップ」を提供開始

 本機能は過去の注文情報など各種データをAIが解析し、アプリの地図上へ需要が多いと思われるエリアをリアルタイムに表示。需要の高さは色の濃淡で表現し、より効率的に乗客を探すことができる。

 さらにタクシー乗務員が迅速に機能を扱えるよう、専用タブレット上で操作を疑似体験できる「ヒートマップシミュレーションガイド」も同時に提供開始。まずは東京エリアで先行し、大阪エリアなども順次展開していく予定だ。

PhotoPhoto 東京・大阪の利用イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう