ニュース
» 2020年01月10日 20時32分 公開

立体音響技術「THX Spatial Audio」搭載スマホ「ZMBIZI」登場 389ドルのミッドレンジ機

映画に関わる音響技術などを提供するTHXとモバイルブランドZMBIZIは、米国ラスベガスで開催中のCES 2020で、立体音響技術「THX Spatial Audio」を搭載したAndroidスマートフォンを発表した。THX Spatial Audioは、左右正面や斜め後ろなど、最大7チャンネルの音を聞き分けられる。ヘッドフォンに関係なく、映画館のような臨場感のあるサウンドを実現できるという。

[金子麟太郎,ITmedia]

 映画に関わる音響技術などを提供する米THXとモバイルブランドZMBIZIは、米ラスベガスで開催中のCES 2020で、立体音響技術「THX Spatial Audio」を搭載したAndroidスマートフォンを発表した。

ZmBIZI 立体音響技術「THX Spatial Audio」を搭載したAndroidスマートフォン「ZmBIZI」

 THX Spatial Audioは、左右正面や斜め後ろなど、最大7チャンネルの音を聞き分けられる。水平方向だけでなく上下の位置まで聞き分けることが可能だ。開発元のTHXによると、例えばゲームをする際に、敵の位置を把握しやすいので有利だという。

 接続されているヘッドフォンに関係なく、映画館のような臨場感のあるサウンドを実現できるとアピールする。また、THXアプリを使うことで、耳の写真に基づいて作成されたプロファイルを設定できる。

 ディスプレイはフルHDの解像度で表示可能な6.23型液晶で、Corning Gorilla Glassを採用する。アウトカメラは1200万画素と500万画素のデュアル構成で、インカメラは800万画素のシングル構成だ。

 背面は半透明デザインを採用し、指紋センサー、NFC、3450mAhのバッテリーを備える。

ZmBIZI 背面は半透明で部品が見える

 OSはAndroid 9、プロセッサは「Mediatek P70」(8コア)を採用する。メインメモリは4GB、内蔵ストレージは128GBという構成だ。ネットワークについては、米国大手キャリアのAT&TやT-Mobileと互換性がある。

 価格は389ドル(約4万3000円)で2020年2月末までに出荷を開始する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10