速報
» 2020年01月15日 11時18分 公開

iPhoneをGoogleアカウントへのログイン認証のセキュリティキーとして利用可能に

GoogleのiPhoneアプリ「Google Smart Lock」がバージョン1.6にアップデートし、iPhoneをGoogleアカウントへの二段階認証ログインのセキュリティキーとして使えるようになった。Android端末は昨年4月から利用できるようになっている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米GoogleのiPhoneアプリ「Google Smart Lock」が1月13日にアップデートし、iPhoneをGoogleアカウントへの二段階認証ログインのためのセキュリティキーとして利用できるようになった。

 lock 1

 利用するには、iOS 10以降で最新版のGoogle Smart LockをインストールしたiPhoneと、ログインする側の端末(PC、Macなど)もBluetoothをサポートしていることが必要だ。iPhone内蔵のセキュリティキーを使う。

 設定すると、Googleアカウントへのログイン時、ユーザー名とパスワードを入力した段階で、ログインを確認するために設定したiPhoneでSmart Lockアプリを開くよう促されるので、iPhoneを端末に近づけてアプリを開き、確認画面で[はい]をタップするとログインできる。

 この機能はAndroid端末では昨年4月から利用可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう