速報
» 2020年01月22日 10時19分 公開

Google、Android向けスマホ中毒対策アプリ3本を公開

スマートフォンの利用と健康の理想的なバランスを目指す「Digital Wellbeing」に取り組むGoogleが、3つのAndroidアプリを公開した。いずれもスマートフォンの使いすぎを抑制することを目的としている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは1月21日、2つの「Digital Wellbeing」アプリ「Activity Bubbles」と「Screen Stopwatch」をGoogle Playストアで公開した。前日には、ダウンロードしてプリントアウトして使う「Envelope」も公開した。同社が実験中の技術を紹介する取り組み「Experiments with Google」の一環だ。

 wellbeing 1

ロック解除するたびに泡が増える「Activity Bubbles」

 Activity Bubblesは、スマートフォンのロックを解除するたびにホーム画面に泡(bubble)が増えるアプリ。ロック解除してから画面をオフするまでの時間に比例して泡が膨らむ。使いすぎると画面が泡だらけになることで、使いすぎを自覚するのが狙いだ。泡は1日でリセットされる。

 bubbles

使った時間が大きく表示される「Screen Stopwatch」

 Screen Stopwatchは、スマートフォンのロックが解除されている累計時間をホーム画面に表示するアプリ。こちらも時間は1日でリセットされる。

物理的に使いすぎを阻止する「Envelope」

 Envelopeはアプリではなく、プリントアウトして組み立てるスマートフォン向けの封筒(envelope)。サポートするのは今のところ「Pixel 3a」のみだ。

 電話の受発信だけ可能にするものと、写真と動画の撮影だけ可能にするものの2種類ある。

 envelope 電話だけできるようにする封筒(左)と撮影だけできるようにする封筒

 それぞれ、可能な機能以外を使うためには封印を解かなければならないことが、抑制として機能する、かもしれない。

 こちらは日本のGoogle Playストアでは公開されていないが、PDFは専用サイトからダウンロードできる。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう