5Gが創出する新ビジネス
ニュース
» 2020年01月23日 11時36分 公開

5Gでどんなビジネスが生まれる? 「DOCOMO Open House 2020」で見られるソリューションDOCOMO Open House 2020(2/2 ページ)

[房野麻子,ITmedia]
前のページへ 1|2       

カメラで人を認識しマッチした広告を表示

 NTTテクノクロスは、ドコモ画像認識エンジンを用いて、カメラに写る人の性別、年齢、笑顔の度合い、人数などを把握し、適切な広告を自動で切り替えて表示するインタラクティブなサイネージを展示している。

DOCOMO Open House 2020
DOCOMO Open House 2020 画像認識エンジンを用いた広告表示

 サイネージの前に立つと、年齢や性別を判別し、お店(ラーメン店)を提案する。認識、提案は素早く、待たされた感じがなかった。ちなみに、女性と判断されるとハンバーガー店が提案された。割り込み配信も可能で、災害時に情報を発信するインフラとしても活用できるという。

水中ドローンで養殖場を遠隔監視

 東京大学中尾研究室は、ドコモの5Gと海中ドローンを使った漁場の監視システムを展示している。

DOCOMO Open House 2020 会場には水中ドローンが展示されている

 例えばカキの養殖場だと、生育の確認をするためには、いかだを海中から水上に持ち上げて確認する必要があり、非常に手間とコストがかかるという。水中ドローンを使うことでコストを抑えながら、遠隔で状況を常時観測できるようになり、労働者の負担軽減になる。5Gによって水中の様子を高精細な映像として送れるようになり、水中ドローンもタイムラグなく操作できるようになる。

DOCOMO Open House 2020 海上に移動局を置き、それと水中ドローンは有線で接続。移動局と基地局間で5Gを活用する。ドローンはスマホで操作できる

移動手術室のトラックも展示

 5Gの超高速通信、低遅延を活用し、高い水準で安全な治療が受けられる遠隔手術支援システム「Mobile SCOT(Smart Cyber Operating Theater)」のコンセプトカーが展示されている。従来は手術室の移動車は模型が多かったが、今回は実物大の20tトラックに手術室を再現して展示している。

DOCOMO Open House 2020 コンセプトカーながら、実際のトラックを用いてMobile SCOTを展示している

 Mobile SCOTは、高精細な4K映像を経験豊富な専門医師に送り、専門医師が管制塔として手術全体を監視。5Gにより、専門医師が現場にいなくても、執刀医に助言を与えることで高度な医療を受けられるようにするシステムだ。経験の浅い若手医師のサポートや災害地での医療に役立つと期待されている。

DOCOMO Open House 2020 Mobile SCOT内部。手術用機器とそれに付属するモニターが設置されている。4つのモニターのフルHD映像をまとめ、4K映像として送信する
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう