ニュース
» 2020年01月29日 20時10分 公開

経費精算・管理クラウド「Concur Expense」が「PayPay」と連携 直接の経費精算が可能に

コンカーの経費精算・管理クラウドサービス「Concur Expense」が、4月をめどに「PayPay」と連携できる機能を追加する。PayPayアプリ上から決済データをConcur Expenseに直接転送し、そのまま経費精算を行えるようになった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 コンカーは4月をめどに、同社の経費精算・管理クラウドサービス「Concur Expense」と、PayPayの決済サービス「PayPay(ペイペイ)」を連携するサービスを開始する。この取り組みは、外部サービスとのAPI連携を通じ、経費支払・管理に係る一連のプロセスを効率化する「SAP Concur App Center」のサービス拡充の一環となる。

経費精算・管理クラウド「Concur Expense」 経費精算・管理クラウド「Concur Expense」とスマホ決済アプリ「PayPay」が連携

 従来はConcur ExpenseユーザーがPayPayを利用して経費を支払った場合、紙の領収書を元に経費データを入力する必要があった。PayPayとの連携に対応した後は、PayPayアプリ上から決済データをConcur Expenseに直接転送し、そのまま経費精算を行えるようになる。

 なお、このサービスは2020年中にソフトバンクやヤフーなどで導入される予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう