今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年01月30日 10時13分 公開

JR東日本、QRコード対応改札機の実証実験 新宿駅と高輪ゲートウェイ駅で

JR東日本は交通系ICカードやQRコードをタッチしやすい改札機の実証実験を新宿駅と3月に開業する高輪ゲートウェイ駅で行う。5月10日まではICカードを利用する人を対象に行う。5月11日から6月30日まではICカードとQRコード両方を使った実験を行う。

[金子麟太郎,ITmedia]

 JR東日本は1月29日、交通系ICカードやQRコードをタッチしやすい改札機の実証実験を、新宿駅と高輪ゲートウェイ駅で行うと発表した。期間は新宿駅が2月1日から5月10日まで、高輪ゲートウェイ駅は開業日の3月14日から5月10日まで。

jr タッチしやすい改札機

 背の低い子どもや車椅子の人でも利用できるよう、ICカードのタッチ部分やモニターなどを斜めに配置した。実証実験では、人が問題なく改札を通過できるかを検証する。

 5月10日まではICカードを利用する人を対象に行い、5月11日から6月30日までは、ICカードとQRコードの両方を使い、一般ユーザーと社員モニターを対象に行う。

 タッチしやすい改札機は、実証試験の期間中も通常のIC専用改札機として利用できるが、実証試験終了後に順次撤去する。

jr タッチしやすい改札機を使った実証試験の計画

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう