調査リポート
» 2020年02月19日 17時00分 公開

スマホの利用時間トップは「2時間以上3時間未満」 MMDの調査

MMD研究所は、2月18日に共同調査「2019年版:スマートフォン利用者実態調査」の結果を発表。利用時間は「2時間以上3時間未満」が21.8%と最も多く、次いで「1時間以上2時間未満」が16.9%となった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、2月18日にコロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」で行った共同調査「2019年版:スマートフォン利用者実態調査」の結果を発表した。

 本調査はスマートフォンを所有する15歳〜59歳の男女2712人を対象に、2019年12月26日〜12月27日に実施。スマートフォンの利用時間は「2時間以上3時間未満」が21.8%と最も多く、次いで「1時間以上2時間未満」が16.9%となった。これを性年代別で見ると、男性の10代は「3時間以上4時間未満」、20代〜40代は「2時間以上3時間未満」、50代は「1時間以上2時間未満」。女性は10代〜30代は「3時間以上4時間未満」、40代〜50代は「2時間以上3時間未満」が最多の回答となった。「10時間以上」と回答した年代で最も多かったのは10代の女性で、1割を超えている。

MMD研究所の「2019年版:スマートフォン利用者実態調査」

 メールやメッセージを1日にどれくらい送信するかは、キャリアメールは「0回」が最多で59.0%、次いで「1〜10回」が35.5%。SMSも「0回」が最多で56.5%、次いで「1〜10回」が35.6%となった。LINEでは「1〜10回」が最多で57.0%、次いで「0回」が16.3%、「11〜20回」が13.2%。

MMD研究所の「2019年版:スマートフォン利用者実態調査」

 よく利用するアプリの上位3種は、「SNS」が28.7%と最も多く、次いで「動画」が26.3%、「コミュニケーション」が25.8%。現在利用しているSNS・コミュニケーションアプリは、「LINE」が89.5%と最も多く、次いで「Twitter」が55.7%、「Instagram」が40.9%となる。また、2018年に行った同様の調査と比較すると「LINE」が3.4ポイント、「Twitter」が0.5ポイント、「Facebook」が6.0ポイント減となり、「Instagram」は2.1ポイント増となった。

MMD研究所の「2019年版:スマートフォン利用者実態調査」
MMD研究所の「2019年版:スマートフォン利用者実態調査」

 続いてInstagramを利用していると回答した795人を対象に、閲覧、投稿、撮影の頻度を聞いた。閲覧で最も多かった回答は「ほぼ毎日」で、投稿と撮影では「この行動はしない」が最多だった。↓l_asa_MMD_05.jpg,MMD研究所の「2019年版:スマートフォン利用者実態調査」,

 音楽アプリをインストールしていると回答した1014人を対象に、現在利用している音楽アプリを複数回答で聞いたところ「Amazon Music」と「Spotify」が21.4%と最多で、次いで「Apple Music」が15.7%となった。動画アプリを利用していると回答した1617人を対象に、現在月額料金を支払って利用している定額制動画配信サービスを複数回答でを聞いたところ「Amazonプライム・ビデオ」が23.7%と最も多く、次いで「Netflix」が4.9%、「Hulu」が3.4%となった。

MMD研究所の「2019年版:スマートフォン利用者実態調査」
MMD研究所の「2019年版:スマートフォン利用者実態調査」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう