世界を変える5G
ニュース
» 2020年03月18日 11時00分 公開

約5年ぶりの“とびきり”ハイエンド ミリ波対応の「arrows 5G」がドコモから 2020年夏発売予定【写真追加】

arrowsスマートフォンのハイエンドモデルが、約5年ぶりに登場。同時に発表された国内メーカー製5Gスマホの中では唯一の「ミリ波」対応モデルで、スペック的にも「ほぼ全部入り」となっている。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは6月下旬以降、富士通コネクテッドテクノロジーズ製の5Gスマートフォン「arrows 5G F-51A」を発売する。arrowsブランドのスマートフォンとしては、約5年ぶりのハイエンドモデルとなる(参考記事)。

【訂正:13時50分】初出時、FMラジオを搭載している旨の記載がありましたが、実際は非対応です。おわびして訂正します
【更新:20時】実機と模型(モック)の写真を追加しました

arrows 5G F-51A 「arrows 5G F-51A」のNavy Black
arrows 5G F-51A Titanium Silver

 F-51Aは、Sub-6(3.7GHz/4.5GHz帯)とミリ波(28GHz帯)の両方の5G通信に対応している。Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)やBluetooth 5.1にも対応している。

 プロセッサは、Qualcommの5Gモデムを統合した「Snapdragon 865」で、メインメモリは8GB、内蔵ストレージは128GBを備えている。最大1TBのmicroSDXCメモリーカードを搭載することも可能だ。OSはAndroid 10をプリインストールする。

 ディスプレイはQHD+(1440×3120ピクセル)の6.7型有機ELで、画面右上のインカメラ周辺部にパンチホール(穴)が設けられている。画面内部に超音波式指紋センサーを内蔵しており、画面ロックの解除と同時に指定したアプリが起動できる機能も備えている(要設定)。

 バッテリーの容量は4070mAhで、ユーザーによる交換には対応しない。外部接続端子はUSB Type-C。おサイフケータイにも対応する。テレビチューナー(フルセグ/ワンセグ)は搭載していない。

 アウトカメラは4800万画素(広角)、1630万画素(超広角)、800万画素(望遠)のトリプル構成。標準カメラアプリの撮影画面には「シェア」ボタンを設け、撮影してからすぐにSNSに写真や動画を投稿しやすくしている。短い動画からベストショットを写真として切り出す機能も備えている。インカメラは3200万画素だ。

 画像編集アプリとして「Adobe Photoshop Express」をプリインストールしており、同アプリの自動補正機能を標準カメラアプリから利用する「Photoshop Expressモード」も用意している(要設定)。

 ボディーサイズは幅約76mmとなる予定。カラーはNavy BlackとTitanium Silverの2色を用意している。

 放熱性を高めるため、ボディーの内側にはベイパーチャンバーを設けている。ボディーはIPX5/8等級の防水性能とIP6X等級の防塵(じん)性能は備えているが、MIL規格(MIL-STD-810G)に準拠する耐衝撃/耐環境性能は備えない。

実機と模型(モック)の写真

 3月18日、報道関係者を対象とする新機種の内覧会が開催された。会場には実機と模型が展示されていたので紹介する。なお、実機は開発途中のもので、最終的な製品版とソフトウェア面の仕様が異なる場合がある。

正面 正面(左がNavy Blackの実機、右がTitanium Silverの模型)
背面 背面(左がNavy Blackの実機、右がTitanium Silverの模型)
手に持つ 実機を手にした様子
パンチ穴 インカメラ周辺の画面には「パンチホール」がある
アウトカメラ回り アウトカメラはトリプル構成。NFCとおサイフケータイのアンテナは、カメラ上部にある
上部 本体上部
上部 本体下部,本体下部にはUIM(SIM)/microSDトレイとUSB Type-C端子がある。3.5mmイヤフォンマイク端子はない
左側面 左側面には何もない
右側面 右側面には電源キーとボリュームキーがある
made in japan 生産は日本国内の工場で実施。泡ハンドソープによる本体洗浄にも対応する(卓上ホルダは別売)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう