ニュース
» 2020年04月01日 18時13分 公開

ソフトバンク販売代理店のスタッフが新型コロナウイルスに感染

3月30日に、ソフトバンク販売代理店のスタッフ1人が、新型コロナウイルスに感染していたことが判明した。当該スタッフが過去2週間に勤務したのは大阪府の3店舗で、現在は休業している。

[田中聡,ITmedia]

 3月30日に、ソフトバンク販売代理店のスタッフ1人が、新型コロナウイルスに感染していたことが判明した。

 当該スタッフの家族が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性と判明し、自身も検査を受けたところ、30日夜に陽性と判明した。当該スタッフは29日から自宅待機している。

 当該スタッフが過去2週間に勤務した店舗は、大阪府のソフトバンク古川橋、ワイモバイル古川橋、ソフトバンク枚方ビオルネ。これらの店舗は現在休業しており、ソフトバンク古川橋は3月30日から4月13日までと15日、ワイモバイル古川橋は4月1日から10日までと16日、ソフトバンク枚方ビオルネは3月30日から4月5日までを休業期間としている。

 当該スタッフの出勤日に来店して手続きをした人に対しては、個別に連絡している。

ソフトバンク ソフトバンクのお知らせ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10