ニュース
» 2020年04月01日 15時17分 公開

運営停止のドコモコールセンターが再開へ 新型コロナの感染スポットは職場外

新型コロナウイルスの感染者が出たことで、運営を停止していたNTTドコモのコールセンターが、近日中に再開する。当該コールセンターでは10人が感染していた。職場内が主な感染スポットではなかったことから、準備が整い次第、運営を再開する。

[田中聡,ITmedia]

 新型コロナウイルスの感染者が出たことで、運営を停止していたNTTドコモのコールセンターが、近日中に再開する。

 3月11日に、同社コールセンターに勤務する協力会社の社員1人に、新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出た。これに伴い、3月12日からコールセンターの運営を停止し、全従業員を自宅待機とした。その後、3月14日に4人、3月15日に1人、3月18日に2人の協力社員にコロナウイルス感染症の陽性反応が出た。

 当該コールセンターで、感染の可能性のある社員60人を検査したところ、上記の感染者を含め、合計10人に陽性反応が出たことが判明した。主な感染スポットは、職場外での社員同士のプライベートな活動によるものだという。

 職場内が主な感染スポットではなかったこと、感染の可能性のある社員の検査が終了し、その他社員全員の健康観察が終了したことから、準備が整い次第、当該コールセンターの運営を再開する。

 当該コールセンターは「ドコモ あんしん遠隔サポートセンター」で、所在地は東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス7階。従業員や約600人、座席数は約250席。あんしん遠隔サポートセンターは他にも拠点があるため、営業停止中もユーザーへの影響はないとしている。

ドコモコールセンター ドコモのお知らせ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10