今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年04月06日 18時08分 公開

スマホ決済アプリ「TOYOTA Wallet」のAndroid版が登場 対応銀行も拡充

三井住友カードと三井住友銀行は、スマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」のAndroid版リリースに合わせて機能拡充。「TOYOTA Wallet残高」にチャージできる銀行やデビット型サービス「銀行Pay」で利用できる銀行も拡充した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 トヨタ自動車、トヨタファイナンシャルサービス、トヨタファイナンスの3社(以下、トヨタ)は、4月6日にスマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」のAndroid版をリリース。これに合わせ、三井住友カードと三井住友銀行は機能拡充の支援について発表した。

 TOYOTA Walletでは、プリペイド型電子マネー「TOYOTA Wallet残高」、後払いのクレジット型サービス「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」、デビット型サービス「銀行Pay」という3つの支払い手段を提供。2019年11月19日にiOS版アプリから提供している。

TOYOTA Wallet TOYOTA Wallet

 これより、TOYOTA Wallet残高にチャージできる銀行の拡充、「事業者型Pay」によるデビット型サービス「銀行Pay」で利用できる銀行の拡充を支援。新たにゆうちょ銀行、横浜銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、沖縄銀行、北海道銀行、北陸銀行がTOYOTA Walletに参画し、各行の口座から「TOYOTA Wallet 残高」へリアルタイムにチャージできる他、銀行Pay加盟店での決済も可能となった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう