今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年03月16日 19時31分 公開

三井住友カード、Visaプリペイドカードで家計を管理できる「かぞくのおさいふ」開始

三井住友カードは、3月16日にVisaプリペイドカードを活用した家計管理を実現する決済サービス「かぞくのおさいふ」を開始。家計の共有ができる「共通のおさいふ」と最大9つの「個別のおさいふ」で構成する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 三井住友カードは、3月16日に家計管理向け決済サービス「かぞくのおさいふ」を提供開始した。

三井住友カード 「かぞくのおさいふ」利用のイメージ

 本サービスはVisaプリペイドカードを活用し、キャッシュレスで家計の残高管理を行うもの。Visaのタッチ決済やApple Pay、Google Payによるモバイル決済にも対応する。

 残高は本会員と家族会員、または家族会員間でまとめたり、移動したりできる。「共通のおさいふ」では2枚のプリペイドカードで残高を共有でき、カードを利用すると両者に利用通知が届く他、利用明細や残高を一目で確認できる。

 本会員1人につき9枚までカードを発行できる「個別のおさいふ」は、入金された残高の範囲内で家族用プリペイドカードを利用した決済が可能。利用者本人だけでなく本会員も利用通知を受け取れ、残高も各口座を家計管理者とカード名義本人が管理できる。

 カードは「スマイルデザイン」「チャックデザイン」でそれぞれ7色、計14デザインから選べる。対象顧客は6歳以上(小学生以上かつ本会員の申込時にメールアドレス・携帯電話番号必須) で有効期限は5年、残高上限は30万円となり、発行手数料・発送手数料は無料とする。

三井住友カード 「かぞくのおさいふ」カードデザイン

 チャージ方法は「三井住友プリペイドマイページ」からクレジットカード、インターネットバンキング、セブン銀行ATM、ローソン店頭での現金チャージに対応し、オートチャージも可能。 利用特典として毎月1日〜末日の国内外ショッピング利用額の0.25%(端数切捨て)を、翌月10日に残高へキャッシュバック)する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう