ニュース
» 2020年04月16日 16時30分 公開

Apple直販よりも少し高い:ソフトバンクの「iPhone SE」は5万7600円(税込み)から とくするサポート+適用で3万円弱から

ソフトバンクが4月27日に発売する「iPhone SE」の販売価格を発表した。最廉価の64GBモデルの税込み販売価格は5万7600円で、Appleの直販価格よりも8320円高い。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは4月16日、4月27日に発売する予定の「iPhone SE」(第2世代)のソフトバンクオンラインショップと同社直営ソフトバンクショップにおける販売価格を公表した。販売価格は税込みで5万7600円からで、「とくするサポート+」を適用した場合は実質2万8800円から(25カ月目に下取りに出した上で機種変更した場合)となる。

iPhone SE 新しい「iPhone SE」

 同社回線とひも付けて購入する場合の税込みの販売価格は以下の通り。

  • 64GBモデル:5万7600円(2400円×24回/1200円×48回)
  • 128GBモデル:6万4080円(2670円×24回/1335円×48回)
  • 256GBモデル:7万8480円(3270円×24回/1635円×48回)

 なお、とくするサポート+を適用する場合は、端末の支払い方法を「48回払い」にする必要がある。

価格 ソフトバンク直営価格(回線とひも付けて購入する場合:48回払い)

 参考に、税込みのApple直販価格は以下の通り。ソフトバンク直営価格と比べると安価となっている。

  • 64GBモデル:4万9280円
  • 128GBモデル:5万4780円
  • 256GBモデル:6万6880円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10