今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年05月21日 14時52分 公開

auのポイントが「Pontaポイント」に変更、クレカも強化 ユーザーのメリットは? (1/2)

KDDIが、5月21日からポイントサービスを「au WALLET ポイント」から「Pontaポイント」に変更する。au PAYやau PAY カードの決済でPontaポイントをためたり、たまったPontaポイントをau PAY残高にチャージしたりできる。クレジットカードの「au PAY カード」も機能強化する。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIが、5月21日からポイントサービスを「au WALLET ポイント」から「Pontaポイント」に変更する。au PAYやau PAY カードの決済でPontaポイントをためたり、たまったPontaポイントをau PAY残高にチャージしたりできる。あわせて、クレジットカードの「au PAY カード」も強化することを発表した。

 au WALLET ポイントとPontaポイントの統合、強化されたau PAY カードは、ユーザーにとってどんなメリットがあるのか。同社は5月21日に説明会を開き、執行役員 パーソナル事業本部サービス統括本部 副統括本部長 兼 通信とライフデザインの融合部長の多田一国氏が説明した。

au PAYとPonta KDDIの多田一国氏

Pontaにポイント統合されるメリットは?

 ポイントが統合されることのメリットとして、単純にポイントがたまる場所が増えることが挙げられる。au PAYが使えないPonta加盟店を含めれば、190万カ所でPontaポイントが使えるようになる。

 au PAYやau PAY カードを支払ってPontaカードを提示すると、Pontaポイントがダブルでたまるのもメリットだ。au PAYやau PAY カードで支払うと、200円(税込み)ごとに1ポイントがたまることに加え、Pontaカードを提示すると、100円または200円ごとに1ポイントがたまる。

au PAYとPonta Pontaカードを提示してau PAYで支払うと、ポイントをダブルでためられる

 Pontaカードを提示する手間はあるが、au PAYアプリのトップからデジタルPontaカードのバーコードを表示できるので、決済時に使うアプリは1つで済む。

 なお、Apple Payにau PAY カードやau PAY プリペイドカードを登録して支払う場合、ポイントをダブルでためるには、別途Pontaカードを提示する必要がある。ただしローソンで支払う場合、Pontaカードを「Wallet」アプリに登録して「Apple Payで」と伝えて支払えば、Pontaカードを提示せずにポイントをためられる。

【更新:2020年5月22日14時25分 ローソンでPontaカードを提示せずにポイントをためられる旨を追記しました。】

au PAYとPonta Pontaのデジタルカードをau PAYアプリから表示できる

 au WALLET ポイントは有効期限が4年だったが、Pontaポイントは半永久的に持てることも特徴。Pontaポイント自体の有効期限は1年だが、ためるか使うかで1年延長されるので、1年以内にためたり使ったりすれば、実質的には無期限で使えることになる。

au PAYとPonta 1年以内にためたり使ったりすれば、Pontaポイントは半永久的に持てる

 さらに、6月1日からローソンでPontaカードを提示してau PAYで支払うと、最大5%(Pontaカードの提示で最大1%+au PAY決済で4%)を還元するキャンペーンを実施する。これはau以外のユーザーも対象となる。さらに三太郎の日には、auユーザーは最大11%、au以外のユーザーは最大8%還元する。キャンペーンの終了日は未定。

au PAYとPonta ローソンでのポイント還元率を上げるキャンペーン

 多田氏によると、4月のau PAYの利用は、1月と比較してローソンが189%、他の加盟店は155%伸びているという。2月10日から実施した10億円還元キャンペーンによってユーザー数が伸びたことが効いている。「コロナの影響でリアルチャネルは落ち込んでいることはあると思うが、au PAYはお客さまが増えており、全体的に1月よりも伸びている」と多田氏は手応えを話す。特にローソンとはポイントを増量する生活応援企画を4月に実施したこともあり、他の加盟店より1.2倍、利用が伸びている。

au PAYとPonta ローソンは、他の加盟店よりもau PAYでの決済伸び率が高い

Pontaポイントをどう連携するのか

 5月21日以降、au PAYアプリから、au IDとPontaカードを連携できるようになる。連携するにはアプリのアップデートが必要で、筆者が確認したところ、Android版は5月21日午前にアップデートされ、iOS版も午後からアップデートが可能になった。

 au PAYアプリのトップ画面で新たに表示される「Pontaカード」をタップして、次の画面で「連携する」をタップすると、Pontaカード連携/新規カード発行の画面に移る。Pontaカードを持っている人は、Pontaカード番号を入力するか、裏面のバーコードを読み取れば連携が完了する。カードを持っていない人は、ここから新規登録をして、デジタルPontaカードを発行できる。なおプラスチックカードは発行されない。

 連携が完了したら、au PAYアプリからデジタルPontaカードを表示できるようになる。

au PAYとPonta au PAYアプリから、au IDとPontaカードを連携できる

 「Ponta」アプリや「ローソン」アプリからもau IDと連携可能になる。ローソンアプリは21日から、Pontaアプリは6月中旬に対応する予定とのこと。

 たまったPontaポイントはau PAY残高にチャージできるが、100ポイント単位でチャージする仕様は変わらない。

au PAY カードを他キャリアに開放、チャージの還元率をアップ

 Pontaポイントがさらにたまりやすくなるよう、クレジットカードの「au PAY カード」も強化。5月21日以降、au以外のユーザーも利用できるようになる。au以外のユーザーの年会費は初年度無料で、翌年以降も1年に1回以上使えば無料(1年間利用がないと税別1250円)。

au PAYとPonta au PAY カードをau以外のユーザーに開放し、au PAYにチャージした際の還元率を上げる

 さらに、au PAY カードからau PAY残高にチャージした際の還元率を、従来の0.5%(200円で1ポイント)から1%(200円で2ポイント)に上げる。決済時のポイント還元率は1%で変わらないが、6月23日から200円で1ポイントから100円で1ポイントに改善する。なお、チャージした際の還元も、同日から100円で1ポイントに変更する。

au PAYとPonta 従来との比較

 先述した、ローソンで最大5%〜11%を還元するキャンペーンは、au PAY カードでの支払いにも適用される。加えて、au PAY カードやau PAY プリペイドカードからau PAY残高にチャージして支払うか、au PAY カードで支払えば、さらに1%還元率が上がり、通常は最大6%、三太郎の日はauユーザーが最大12%、他のユーザーは最大9%の還元を受けられる。

 ちなみにApple Payにau PAY プリペイドカードやau PAY カードを登録してチャージや(QUICPay+で)支払いをした場合も、上記ローソンでの還元率は変わらない。

au PAYとPonta ローソンのキャンペーンは、au PAY カードで決済すると、還元率が1%上がる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう