今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年05月21日 18時47分 公開

Garminのスマートウォッチ、5月21日からSuicaに対応 Instagramキャンペーンも

ガーミンジャパンとJR東日本は、5月21日にGarminのスマートウォッチで「Suica」の発行やチャージなどが利用可能になったと発表。これを記念し、Garmin初のソーラー充電対応モデルのプレゼントキャンペーンを行う。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ガーミンジャパンと東日本旅客鉄道(JR東日本)は、5月21日にGarminのスマートウォッチで「Suica」の発行やチャージなどが利用できるサービスを開始した。

Garmin Garminのウェアラブルデバイスで「Suica」が利用可能

 スマホとGarminのデバイスを同期し、Garmin Connect Mobileを操作するとSuicaの発行やGoogle Payのチャージなどが利用できるようになる。年会費は無料(デポジットは不要)。

Garmin サービス概要

 対応機能は新規発行、クレジットカード・店頭・券売機などによるチャージ、電子マネーの利用、残額・履歴表示、払い戻し(手数料220円が必要)、タッチでGo!新幹線、新幹線e チケットサービス、スマートEX。JRE POINTをためることもできる。対象機種は以下の通りで、利用にはソフトウェアの更新が必要となる。今後発表されるSuica対応新機種を除き、記載以外の機種は今後もSuica非対応となる。

  • Approach S62 シリーズ
  • fenix 6X シリーズ
  • fenix 6X Pro Dual Power シリーズ
  • fenix 6S シリーズ
  • fenix 6 シリーズ
  • Legacy シリーズ
  • Venu シリーズ
  • vivoactive 4/4S シリーズ
  • vivomove 3/3S シリーズ
  • vivomove Style/Luxe シリーズ

 Suicaの対応を記念し、Instagramでキャンペーンを開催。ハッシュタグ「#garminpaysuica」とSuicaが表示された時計画面やアプリ画像を投稿したユーザーの中から、抽選で3人にGarmin初のソーラー充電対応モデル「fenix 6X Pro Dual Power Ti Black DLC」プレゼントする。キャンペーン期間は6月21日まで。

Garmin fēnix 6X Pro Dual Power Ti Black DLC

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう