今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年06月19日 18時45分 公開

ソフトバンクとみずほフィナンシャルグループ、次世代型金融事業の戦略的提携に合意

ソフトバンクとみずほフィナンシャルグループは、新たなライフスタイルに対応した次世代型金融事業の戦略的提携について合意。ソフトバンクの子会社「One Tap BUY」をみずほ証券の共同経営体制に移行する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクとみずほフィナンシャルグループは、6月19日に新たなライフスタイルに対応した次世代型金融事業の戦略的提携について合意を発表した。

 これまで両社はソフトバンクのAIスコアレンディング「J.Score」の共同設立、スマホ証券会社「One Tap BUY」へソフトバンクとみずほ証券がそれぞれ出資するなど金融事業で協業を行ってきた。今回の提携ではレンディング分野、スマホ証券分野、決済代行分野で連携強化の協議を行い、実現を目指す。

 レンディング分野では「PayPay」と協力し、より便利なJ.Scoreのレンディングサービスを2020年度内を目指して検討。この連携を通じてレンディング利用者層のさらなる拡大を図り、多様化する資金ニーズへの対応を強化する。インドのPaytmから技術協力を受け、サービスの高度化を目指す。

 スマホ証券分野では、One Tap BUYをソフトバンクとみずほ証券の共同経営体制へと移行。これまでの株式売買サービスに加え、投資信託による積み立て投資サービスなど、従来以上に投資未経験者や初心者にも利用しやすい資産形成の場を提供する。具体的にはPayPayとのPayPayボーナスなどの利用を通した連携強化や、生活に密着した資産運用サービスの提供を検討する。

 決済代行分野では、ソフトバンクの子会社SBペイメントサービスが展開するネット決済代行機能をみずほグループに提供。リアル加盟店のEC進出ニーズや法人顧客のEC決済ニーズ・決済手段の多様化に対応し、販売機会の拡大を支援できるよう共同で検討する。また、SBペイメントサービスが保有するAI不正検知ノウハウと、みずほグループが保有するAI不正検知ソリューションや安全・簡単な認証サービスの展開など検討する他、それぞれが保有するオンライン・リアル領域の事業基盤やノウハウを融合した新たなソリューション開発も進める。

ソフトバンク/みずほフィナンシャルグループ ニュースリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう