5Gが創出する新ビジネス
ニュース
» 2020年07月14日 17時22分 公開

ソラコム、auの5Gを利用したMVNO事業を2020年度中に開始

KDDIグループのソラコムは、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」でau 5Gネットワークを利用したMVNO事業を2020年度中に開始。「AWS Wavelength」を活用した、超低遅延アプリケーション環境の実証実験も行っている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIグループのソラコムは、7月14日にIoT通信プラットフォーム「SORACOM」でau 5Gネットワークを利用したMVNO事業について発表した。2020年度中の開始を目指す。

KDDI 「SORACOM」でau 5Gネットワークを利用したMVNO事業を開始

 KDDIは2020年3月からau 5Gの提供を開始し、2022年3月には5万局の展開を予定。2020年度中にSORACOMが高速・低遅延・多接続の5Gに対応すると、大量の機械のログデータや映像データをクラウド側で解析する用途などでのIoTシステム構築が可能となる他、SORACOMの各種機能やサービスで新たなユースケースの創出につながるとしている。

 また、KDDIはエッジコンピューティング・ストレージサービス「AWS Wavelength」を提供するAmazon Web Serviceとパートナーシップを結んでいる。AWS Wavelengthをau 5Gネットワークを利用する端末の近くに配備すれば、アプリ開発者は使い慣れたAWSと同じコンピューティングとストレージサービスを利用して機械学習やIoT、VRやARなどの超低遅延アプリを提供可能になるという。両社は7月からAWS Wavelengthとau 5Gネットワークにソラコムのコアネットワークを組み合せた超低遅延アプリの実証実験を開始し、企業のIoT活用促進を支援していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう