今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年07月31日 13時00分 公開

ヤフー系金融サービスが社名とサービス名を「PayPay」ブランドに統一 2020年秋から順次

Zホールディングスが、同社の傘下、または同社が出資する金融事業会社の社名とサービス名を「PayPay」が付くものに統一する方針を明らかにした。2020年秋以降、株主総会での承認や監督官庁からの許認可を前提に順次変更していく予定だ。

[井上翔,ITmedia]

 Zホールディングス(ZHD)とZフィナンシャルは2020年秋から順次、ZHDの傘下、または出資先の金融事業会社の社名とサービス名を「PayPay(ペイペイ)」ブランドに統一する。社名変更については、傘下企業における株主総会での承認と、監督官庁からの許認可を条件として実施される。

サービス名の変更 ZHD傘下の金融サービスが「PayPay」の名を冠するものに

 ZHD傘下の企業であるヤフーでは、eコマース分野においてPayPayとの連携を強化している。ZHDは、傘下または出資先の金融事業会社が展開するサービスでもPayPayとの連携を強化して事業成長につなげると共に、ユーザーにとっての分かりやすさを演出する目的でPayPayブランドに統一したことにしたという。

 社名を変更する予定の企業は以下の通り。社名変更後は、原則としてサービス名は社名と同一となる(かっこ内はサービス名)。

  • ワイジェイカード(Yahoo!JAPANカード)→PayPayカード(Yahoo! JAPANカードも継続)
  • ジャパンネット銀行→PayPay銀行
  • One Tap BUY→PayPay証券
  • ワイズ・インシュアランス(Yahoo!保険)→PayPay保険サービス(PayPay保険)
  • ワイジェイFX(YJFX!)→PayPay FX
  • アストマックス投信投資顧問(Yjam)→PayPayアセットマネジメント(PayPay投信)
変更 変更前後の社名とサービス名の一覧(予定)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう