ニュース
» 2020年09月04日 17時00分 公開

キャリアショップは減少傾向に MCAの調査

MCAは、9月4日に国内通信キャリア各社の「キャリアショップ」に関する調査結果を発表。キャリアショップは全国に8063店舗となり、半年間で151店(1.9%)増加。楽天モバイルの店舗を数字に加算したもので、影響を除外すると減少傾向にある。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MCAは、9月4日に国内通信キャリア各社の「キャリアショップ」に関する調査結果を発表した。

 4キャリア(Y!mobile/UQ mobileを含む6ブランド)が展開するキャリアショップは全国に8063店舗存在し、2020年2月調査の7912店から半年間で151店(1.9%)増加。これまで続いていた減少が反転したのは楽天モバイルのMNO正式サービス開始を受けた店舗数が加算されたもので、影響を除外した5ブランドの店舗数で比較すると62店(0.7%)の減少となっている。

MCA キャリアショップ数の推移

 ブランド別に見ると、楽天モバイルを除く3社のメインブランドはいずれも2000を超える店舗展開を維持し、前回調査からの減少幅も10〜20店舗程度と同様の傾向を示した。楽天モバイルの店舗数は213店で、単純比較はできないものの前回調査ではMVNOとして224店舗を運営。サブブランドの動向は、Y!mobileはメインブランドと同じく減少する一方で、UQコミュニケーションズは1店ながら微増した。

MCA 国内キャリアショップ数

 今回の調査におけるキャリアショップの定義は以下の通りで、量販店や併売店にの販売窓口は「取扱店」としてキャリアショップ数には含んでいない。

  • NTTドコモ:ドコモショップ/ドコモサービスコーナー
  • KDDI(au):auショップ/直営店(au OSAKAなど)
  • ソフトバンク:ソフトバンクショップ
  • Y!mobile:ワイモバイルショップ
  • UQコミュニケーションズ:UQスポット
  • 楽天モバイル:楽天モバイルショップ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう