世界を変える5G
ニュース
» 2020年09月25日 10時00分 公開

折りたたみ5Gスマホ「Galaxy Z Fold2 5G」「Galaxy Z Flip2 5G」が日本上陸 au独占で11月上旬に発売

サムスン電子の折りたたみできる5Gスマートフォンが日本でも発売される。いずれも国内ではau(KDDIと沖縄セルラー電話)の独占販売となる。

[井上翔,ITmedia]

 KDDIと沖縄セルラー電話は11月上旬、折りたたみできる(フォルダブル)5Gスマートフォン「Galaxy Z Fold2 5G SCG05」「Galaxy Z Flip2 5G SCG04」を発売する。発売に先駆けて、9月26日午前10時から事前販売予約を受け付ける。

 なお、Galaxy Z Fold2とGalaxy Z Flip2は、日本のキャリアでは両社(au)のみが取り扱う。

2機種並べ Galaxy Z Fold2 5G SCG05(左)とGalaxy Z Flip2 5G SCG04(右)

Galaxy Z Fold2 5G SCG05の概要

 Galaxy Z Fold2 5G SCG05は、8月5日と9月1日の2回に分けてグローバル発表された「Galaxy Z Fold2」の日本向けモデルで、「Galaxy Fold SCV44」の後継モデルで、Sub-6(3.7GHz帯)のau 5Gネットワークに対応している。ボディーカラーはミスティックブロンズのみとなる。

Galaxy Z Fold2 5G SCG05(正面)
Galaxy Z Fold2 5G SCG05(背面) Galaxy Z Fold2 5G SCG05

 プロセッサはQualcomm製の「Snapdragon 865 Plus」で、メインメモリは12GB、内蔵ストレージは256GBを備える。

 メインディスプレイはQXGA+(1768×2208ピクセル)の約7.6型Dynamic AMOLED 2X(有機EL)で、リフレッシュレートは最大120Hz、「HDR10+」に準拠したHDR(ハイダイナミックレンジ)表示にも対応している。その大きさを生かす機能として、アプリを最大3つまで表示できる機能も用意している。画面を途中まで開いた状態で使う「フレックスモード」にも対応している。カバー(サブ)ディスプレイはHD+(816×2260ピクセル)の6.2型Super AMOLED(有機EL)だ。

 なお、いずれのディスプレイもインカメラ周辺部にパンチホール(穴)が開いている。

サブディスプレイ カバーディスプレイも大型化した

 アウトカメラは広角、超広角、望遠のトリプル(3眼)構成で、センサーはいずれも約1200万画素となる。2つのディスプレイにはそれぞれ約1000万画素のインカメラを備えているが、アウトカメラを使った自撮りも可能だ。

 バッテリー容量は4500mAhで、USB Power Delivery(USB PD)規格に準拠した超急速充電と、Qi(チー)規格に準拠したワイヤレス充電に対応する。公称の連続待受時間は約290時間、連続通話時間は約1740分となっている。

 本体サイズは、本体を閉じた状態で約68(幅)×159(高さ)×13.8〜16.7(奥行き)mm、本体を開いた状態で128(幅)×159(高さ)×6.1〜9.4(奥行き)mmとなる。重量は約282gだ。

Galaxy Z Flip2 5G SCG04

 Galaxy Z Flip2 5G SCG04は、7月22日にグローバル発表された「Galaxy Z Flip 5G」のau向けモデルで、「Galaxy Z Flip SCV47」の後継モデルで、Sub-6のau 5Gネットワークに対応する。ボディーカラーはミスティックブロンズのみとなる。

Galaxy Z Flip2 5G SCG04(正面)
Galaxy Z Flip2 5G SCG04(背面) Galaxy Z Flip2 5G SCG04

 プロセッサはSnapdragon 865 Plusで、メインメモリは8GB、内蔵ストレージは256GBを備える。

 メインディスプレイはフルHD+(1080×2636ピクセル)の約6.7型Dynamic AMOLED(有機EL)で、カバーディスプレイは300×112ピクセルの1.1型Super AMOLED(有機EL)だ。

折り曲げ途中 このように画面を途中まで折り曲げた際に便利なフレックスモードも備える

 アウトカメラは広角、超広角のデュアル(2眼)構成で、センサーはいずれも約1200万画素となる。インカメラは約1000万画素のシングル構成だ。

 バッテリー容量は4500mAhで、USB Power Delivery(USB PD)規格に準拠した超急速充電と、Qi(チー)規格に準拠したワイヤレス充電に対応する。公称の連続待受時間は約350時間、連続通話時間は約1350分となっている。

 本体サイズは、本体を閉じた状態で約74(幅)×87(高さ)×15.4〜17.4(奥行き)mm、本体を開いた状態で74(幅)×167(高さ)×6.9〜7.2(奥行き)mmとなる。重量は約183gだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう